記事

道の児相情報がすべて道警と共有は大いに疑問だ これでは育児の悩みを児相に相談できない

北海道は道内児童相談所の虐待情報を北海道警察に全件情報を共有すると発表しました。
虐待情報全件共有へ 道立児相と道警 早期発見狙う 札幌市児相は行わず」(北海道新聞2019年3月20日)
「道内全8カ所の道立児童相談所(児相)と道警は19日、保護者らによる児童虐待に関する全ての情報共有を、新年度中に始める方針を決めた。児相はこれまで道警への情報提供を深刻な外傷があるなどの重大事案に限っていたが、全件に対象を広げることで連携を強化し、虐待の早期発見につなげる狙い。」
 今般、児童虐待による痛ましい事件が発生し、幼児や児童の命が奪われました。
 そのたびに児相の対応のまずさが指摘されてきましたが、他方で行政機関の間で情報が共有されていないということも指摘されてきました。

 情報供給のために児相が警察にすべての情報を提供する

 本当にこれがいいのでしょうか。私は、今般、起きた事件は決して情報の共有がなかったから防げなかったとは思えません。児相が適切な対応をしていたら防げていた事件です。
小4女児の命が守れなかったのは情報共有がなかったから? 一時保護をなし崩し的にないことにしたからですよ 求められるのは責任の所在の明確化

 何故か情報共有の問題にすり替わっているのです。
 警察が情報を共有したら事件を防げたのですか。

 パトロールの強化?

 意味ないですね。四六時中、見張っているわけでないのですから。

 何よりも児童相談所には育児に対する悩みを相談するところでもあります。子についあたってしまう…、児相はこうした自らの虐待事案にも相談に乗っているのです。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/gyakutai/index.html


 しかし、児相に自分の相談したら、すべて警察に情報が行ってしまう…
 そうなると逮捕されるかもわかりませんよ。

 厚労省のホームページ「児童相談所全国共通ダイヤルについて」には次のように記載されています。


「通告・相談は、匿名で行うこともでき、通告・相談をした人、その内容に関する秘密は 守られます。」と書いてあるにもかかわらず、情報が警察へ??

 むしろ「ここでの情報は警察と共有されています」と書くべきではないのですか。

 ところで札幌市は、道とは異なる選択をしています。

 児相と警察の役割分担を考えるのであれば、私は札幌市の方針の方が正しいと考えます。
 今般、問題になっている案件は、育児ノイローゼなどが原因で起きているものではありません。

 先般、起きた小4女児に対する虐待死には、母親も関与していた疑いが持たれていますが、それが夫によるDVが原因とも言われています。そうした中で、安心した相談先の確保こそ必要なのですが、最初から情報が警察と共有しているということになれば、安心して相談などできません。

 少しでも小さなうちに申告させたいのであれば、警察との情報共有はマイナスでしかありません。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  7. 7

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  8. 8

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  9. 9

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。