記事

空白の40分

北朝鮮は国際社会の制止を無視して発射を予告していた長距離ミサイルを発射しました。

弾道ミサイル発射は失敗に終わりましたが、引き続き警戒が必要です。

一方、今回の発射で政府は危機管理において大きな禍根を残しました。

韓国国防省によるとミサイルは午前7時39分頃に発射されています。

日本政府には7時40分に米国の早期警戒システムが情報を伝えていたにもかかわらず、田中防衛大臣が記者会見で「発射情報を得ている」と国民に知らせたのは発射から40分過ぎた8時23分のことでした。

その間、韓国、米国のメディアは発射を報じ、それを受けてNHKや民放各社が放送するなか、政府はエムネットで午前8時3分に「報道はあるが、我が国としては発射を確認していません。」と伝達し、関係自治体などの混乱に拍車をかけました。

また、ミサイル発射の場合、瞬時に自治体などに知らせる全国瞬時警報システム「Jアラート」は作動しませんでした。

政府が発射の情報をつかんでいながらそれを発表しなかったことは大きな問題であり危機管理能力の欠如を表しています。

野田総理大臣は、安全保障会議で国民への情報提供に全力を尽くすと強調しましたが、事態は情報提供以前の問題です。

来週16日(月)に開かれる参議院の拉致問題特別委員会ではこの問題について政府に質問を行う予定です。

あわせて読みたい

「」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  10. 10

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。