記事

働き方改革の前に必要なのは、手抜きやサボり方。

新人時代に先輩から言われた「手の抜き方を覚えろ」というアドバイスは、一番役に立った。それまでは、真面目に一生懸命やることが正しいことだと勘違いしていた。それからは自分のタスクを俯瞰的に見て、どこに力を配分するのかを考えらえるようになっていった。当事者は目の前のものに全力投球してしまうが、上の人から見たら、大事な仕事とどうでもいいタスクがあるのは明白だ。

今の日本の働き方改革で一番間違っているのは、頑張って仕事を早く終わらせようとしたり、真面目にやることで時短しようとしていることだ。本当は、手抜きやサボる精神を最初にインストールしたほうがいいと思う。

働き方の思想を変えなくてはいけないのに、今までの思想のままで乗り切ろうとすると、必ず無理がくる。頑張ることや真面目であることは、仕事の目的ではない。ゲームと同じで、仕事の目的は狙ったゴールを達成することで、その手段は自由だ。手段は個々人が戦略を練り、個々人が試行錯誤しながら、ゴールを目指せばいい。もともとリソースは限られているのだから、その中でリソースをどう配分するべきかを考えるのは当然。リソースが限られているのだから、最小限のパワーで最大限の効果を出すことを練ることが大事になってくる。だからこそ、手抜きやサボることを考えるというマインドが必要になってくる。

儒学的な学校教育で「真面目に、一生懸命を尊い」と教え込まれたまま、急に働き方の外側だけ真似ても効果はあまりでない。道徳のあり方も変えて、手抜きやサボりの美学も小さい頃から教えたほうがいい。「蟻とキリギリス」や「二宮金次郎像」をありがたがるよりも、「三年寝太郎」をロールモデルにしたほうがいいのでは? 他人が真面目にやっているかを相互監視しているギスギス社会よりも、手抜きやサボることや寛容な社会になるぐらいでちょうどいいと思うけど。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  3. 3

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  6. 6

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  7. 7

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  8. 8

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  9. 9

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    コロナ名目で個人情報集める国家

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。