記事

【ベッドバス&ビヨンド】、増収増益Q4!もマーケットシェア減の原因はやっぱりアレ?

画像を見る

■ホームファーニッシング最大手のベッドバス&ビヨンドが4日発表した第4四半期(12月~2月期)決算は、24%の大幅増益となった。

 第4四半期の純利益は3.51億ドル(前年同期は2.84億ドル)、売上高は前年同期比9.1%増の27.3億ドルとなった。既存店売上高は6.8%増(前年同期は8.5%増)。粗利益率は前年同期の43.0%から42.6%に減少している。

 通年ベースでは売上高が95.0億ドルと8.5%の増加、純利益は9.8億ドルと前年の7.9億ドルから25.0%増加した。既存店は5.9%増だった。前年の既存店ベースは7.8%増だった。

 ベッドバス&ビヨンドは米国(50州)やカナダに993店を展開しており、他にクリスマスツリー・ショップ(71店)、バイバイベイビー(64店)やハーモン・フェースバリュ(45店)を展開している。

ベッドバス&ビヨンド第4四半期(12月~2月期)
総売上前年同期比: 9.1%増
純利益前年同期比: 23.8%増
既存店売上高前年同期比: 6.8%増
店舗数: 1,173店(北米)

トップ画像:ベッドバス&ビヨンドは粗利4割を超える優良企業であり、カラーリングやコーディネート販売も参考になる。が、素晴らしい店内を視察するだけでは、時流を読み違えてしまう。

やっぱりアレにより、ベッドバス&ビヨンドのマーケットシェア伸長は鈍化しているのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。アメリカの流通は日本に較べて5年以上進んでいます。私の感覚では10年は進んでいます。日本のビジネス書籍の元ネタのほとんどはアメリカ発であることを考えれば、流通に限ったことではありません。

日本人がアメリカ流通を視察するとき、過去の視察を参考に観察しようとします。例えば、店の外装や内装、商品の陳列や演出などをチェックします。すべての商品価格をメモしながら朝から晩まで商品構成グラフ作りにかかりっきりになります。

しかし、それは日本より10年進んでいるアメリカから「時流を学んでいる視察」とはいえません。残念ながら年に数回程度の視察では見えないのです。はっきりいって、商品の陳列や演出など日本のほうが優れていると思います。また、商品構成グラフを作成したところで、グラフ作りの達人になるだけで、競争の激しい時代に生き残ることはできません。

⇒ベッド・バス&ビヨンドは粗利が4割を超える優良小売業とみなされています。店内陳列も素晴らしく、コーディネートできる楽しさは顧客をとりこにするとも話されています。今回の決算でも増収増益に既存店増です。しかも利益は市場予想を超えています。

しかし、ベッドバス&ビヨンドもオンラインストアからの競争に晒されているのです。同社は最近、以前まで頻繁におこなっていた20%オフのクーポンを止めています。折り込みで入っていたクーポンは今年に入って見かけなくなりました。それでも粗利を低下させているのです。問題は同社のオンラインストアが弱く、売上の1%~2%程度しかないことです。

しかも競争優位性となるプライベートブランドも、例えばウィリアム・ソノマに比べて豊富ではありません。したがって、既存店・前年同期比が前年の8.5%増から6.8%増へ、通年でも同7.8%増から5.9%増にスローダウンしているのです。

⇒売上減速の原因はショールーミング。自分が買い物客になればわかります。視察する視点ではなく、客目線で考えれば買物行動が変わります。ベッドバス&ビヨンドで買物したことがある人なら分かると思いますが、購入した同一商品が別のオンラインストアで安く売られていたことを見つけたことがあると思います。ベッドバス&ビヨンドに限らず、そんなことが一度でもあれば、比較的高額な商品を購入するときは、とりあえずスマートフォンで価格チェックをするでしょう。

最近はベッドバス&ビヨンドでアイディア商品に力をいれていますが、使えないアイディア商品で苦い思いをした方なら、購入時にカスタマーレビューを参考にする行動をとるはずです。今の消費者は賢いですから、ネット抜きで買物はしないのです。で、優良チェーンストアといえども①PB、②オンラインストア強化、③情報発信(ABC理論)で生き残る策を考えなければならないのです。 

ホントに怖い変化とは、変化は非連続で起こり予想がつかないところにあります。3年前に視察したときとお店は同じように見えても、見えないところで変わらざる得ないぐらい変化しているのです。

あわせて読みたい

「小売」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1枚1円レジ袋 大量買いの珍風景

    中川 淳一郎

  2. 2

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  3. 3

    駅前の果物販売は盗品? 投稿話題

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    「経済重視」で経済が回らない訳

    鈴木しんじ

  5. 5

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    身近に感染者は? 約9割「0人」

    かさこ

  7. 7

    西村大臣「団体旅行など控えて」

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    感染者数に囚われる日本の不思議

    自由人

  9. 9

    ユニクロの策 客をスタッフ勧誘

    文春オンライン

  10. 10

    自粛続く限り追い込まれる飲食店

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。