記事

イチロー 成功という言葉を嫌い「野球の神様」に愛された男

1/2
記者会見に臨んだイチロー(EPA=時事)

ベンチ前で選手に迎えられるイチロー(AFP=時事)

 メジャー19年目の開幕の地、東京ドームに 「イチロー!イチロー!」の大合唱が、地鳴りのように響き渡った。最後の打球は、ショートに飛び、1塁を駆け抜けたイチローの現役最後の打席が万雷の拍手の中で終わった。2653試合に出場し、メジャー史に刻んだヒットは「3089」安打。不世出の男は、最後の雄姿を見せた後、引退会見で何を語ったのか。これまでメジャーリーグ2千試合を取材してきたスポーツジャーナリストの古内義明が、イチロー引退を振り返った。

ベンチ前で選手に迎えられるイチロー

 * * *
 マリナーズのサービス監督がライトの定位置にいたイチローを指さす。マリナーズナインがフィールドから退く。イチローはライトスタンドに振り向き、その後ドームのファンに別れを告げた。アスレチックス・ナインも拍手を送る中、イチローがナインと抱擁した。これぞメジャー。これぞイチローへのリスペクトだった。終電が迫っても東京ドームのファンは帰らなかった。

「僕に感情がないと思っている人がいるみたいだが、ある、意外とある。だから結果を残して最後を迎えられたら、一番いいなと思っていたが、それはかなわなかった。それでもあんなに球場に残ってくれて。死んでもいいという気持ちはこういうことだろうなと。死なないですけど。そういう表現するのは、こういうときだろうと思った」。 日米通算4367安打(日本1278、米国3089)を刻んだ安打製造機は、グラウンドを一周して、ファンに別れを告げた。

 2001年、マリナーズの本拠地セーフコフィールドでメジャーリーグ・デビューを果たしたイチローだが、当時はその活躍に、懐疑的な意見が少なくなかった。無理もない。日本野手初のチャレンジであり、前例がなかった。

「アメリカのファンの方々、最初は厳しかったですよ。最初は日本に帰れ!って、しょっちゅう言われましたよ」。1年目の活躍は、そんな逆風を追い風に変えるのに、十分すぎるほどだった。ルーキーとして、首位打者、盗塁王、そしてリーグMVPに輝いた。

「結果を残した後の敬意というのは、手のひらを返すというか。行動で表す敬意は迫力があるという印象です。認めてもらった後はすごく近くなると言う印象で、ガッチリ関係ができあがる。シアトルとのファンとはそれができたという勝手な印象ですけど」。だからこそ、マリナーズのユニホーム姿を、「最後にシアトルのファンに、見せられなかった申し訳なさはあります」と、地元ファンをおもんばかった。

あわせて読みたい

「イチロー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    三原じゅん子氏 野党は恥を知れ

    自由民主

  4. 4

    貯金2000万円で騒ぐより禁煙せよ

    永江一石

  5. 5

    「何で嘘ついた」宮迫の謹慎に涙

    女性自身

  6. 6

    宝の持ち腐れ? ZOZO新商法に疑問

    諌山裕

  7. 7

    立民のやる気ない選挙公約に失望

    篠田 英朗

  8. 8

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  9. 9

    ペイ3社合同 セブン最大20%還元

    S-MAX

  10. 10

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。