記事

トランプのゴラン高原併合承認

先日米国務省の文書に、イスラエルの占領下のゴラン高地に関し、これまでのイスラルの「占領下」 という表現から「支配下」という表現に変更されたとことを報告しましたが、アラビア語メディアはトランプ大統領が21日、彼のSNSで、「ゴラン高地は、イスラエルや中東で戦略的に重要な土地で、イスラエルの占領から52年もたっており、米国としてはイスラエルの主権を認めるべきだ」と書いたと報じています。

それらの記事は、この米国の承認発言は、ネタニアフの米国訪問の4日前になされたと報じています。

おそらくはネタニアフの滞米中に、米政府が何らかの声明でも発するのでしょうか?

https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/american-elections-2016/2019/03/21/ترمب-يدعو-للاعتراف-بسيادة-اسرائيل-الكاملة-على-الجولان.html

https://www.alquds.co.uk/%d8%aa%d8%b1%d8%a7%d9%85%d8%a8-%d8%ad%d8%a7%d9%86-%d9%88%d9%82%d8%aa-%d8%a7%d8%b9%d8%aa%d8%b1%d8%a7%d9%81-%d8%a3%d9%85%d8%b1%d9%8a%d9%83%d8%a7-%d8%a8%d8%b3%d9%8a%d8%a7%d8%af%d8%a9-%d8%a5%d8%b3%d8%b1/

https://aawsat.com/home/article/1644626/%D8%AA%D8%B1%D9%85%D8%A8-%D8%AD%D8%A7%D9%86-%D9%88%D9%82%D8%AA-%D8%A7%D9%84%D8%A7%D8%B9%D8%AA%D8%B1%D8%A7%D9%81-%D8%A8%D8%B3%D9%8A%D8%A7%D8%AF%D8%A9-%D8%A5%D8%B3%D8%B1%D8%A7%D8%A6%D9%8A%D9%84-%D8%B9%D9%84%D9%89-%D8%A7%D9%84%D8%AC%D9%88%D9%84%D8%A7%D9%86

トランプは先にエルサレムをイスラエルの首都として認め、米大使館を移転しましたが、今回はゴラン高地のイスラエル主権を認める発言で、おそらくネタニアフの訪問前に、親イスラエルロビーや右翼強硬派の福音派等に迎合する政策で、その意味では彼からすれば、同じような話だろうと思います。

然し国際法の立場からすれば、基本的に大きな違いのあるところで、エルサレムとか西岸、ガザとかはユダヤ民族とパレスチナ人が争ってきたパレスチナの一部で、その意味ではイスラエルの主張にもそれなりの正統性がないこともないと言えるかもしれません。

しかし、ゴラン高地はこれまで1度たりともパレスチナの一部とされたことはなく、歴史的にシリアの領土であることは、国際的に認められているところです。

その意味で、かつてはその返還はパレスチナ問題そのものよりは、解決が容易であるとして、パレスチナ和平が行き詰ると、シリアオプションとして、その返還問題が議論され、バラク首相の時には、双方の合意までもう少しという所まで行った経緯があります。

しかし、占領後50年以上たち米国にもトランプのような大統領が出てくると、国際法などくそくらえと言うことで国内政治の都合で、イスラエルの主権を認めるなどと言うことが生じてきます。

確かに、この土地が当面の中東の状況からすれば、非常に重要な戦略的な地位にあることは事実ですが、それはそれとしてoccupied territorry として置いて、両国間の平和条約での交渉に待つというのが、従来の国際社会や米国の立場でした。

(非常に明確なのはEUで、ゴラン高地の産物…例えばワイン・・・・などは占領地産としなければ輸入ができないことになっている)

ネタニアフにとっては総選挙前の嬉しいプレゼントでしょうね

取り合えず

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    カルビ並と上 違いは見た目だけ?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    宇垣アナ「基本人生は悲しい」

    キャリコネニュース

  3. 3

    住民が語るソープ街・吉原の現在

    フリート横田・渡辺豪

  4. 4

    和田政宗氏 文春記事に抗戦宣言

    和田政宗

  5. 5

    日本による韓国の提案瞬殺は当然

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    山本太郎氏のバラマキ路線は危険

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    舛添氏「韓国は話にならない」

    舛添要一

  8. 8

    韓国が日韓企業の徴用工賠償提案

    ロイター

  9. 9

    安全ピンで撃退OK? 警察に聞いた

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    長文ビジネスメールに外国人困惑

    サイボウズ式

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。