記事

他院で医療拒否 そしてしっかり話せばいくらか納得 医学的に明らかに間違いでも個人の意見を尊重する それが死を意味しても

ある病院に入院中の患者さんが外来に見えました。その病院でのがん治療に納得しておらず、治療を拒否しているから緩和医療として対応してほしいとの紹介でした。ただ紹介状見たらなんと一度も治療していない。まあお話をまず聞いてからと外来にきてもらいました。

正直感じたのは、いやすごい方がいたということです。今までいろいろ血液疾患のセカンドオピオン含めて対応してきた私ですが、ここまでこじれている人は初めてでした。

まず自分のがんに対して、

「副作用が心配だから抗がん剤はいや」

まあこれはよくある。

そのがんのために起きている致死的にな高Ca血症に対しても、

「顎骨壊死の副作用が心配だから」

と治療薬の投与拒否。そう死よりも副作用拒否。

そしてがんの部分も自分ではっきり見える表面に出ているのに、そして腫瘍から色々麻痺等の症状含めた神経症状も出てきてるのに、放射線の副作用が心配だからと全身のCTなどの検査拒否。医療を受けることを良しとしません。

もっとすごいのが、

「骨折したことがわからなくなるのがいやだから痛み止めは使いたくない」

と初期は痛み止めを拒否。まあそれでも前医の説得で流石に今は痛み止めは使っているようですが、本当なんかよくわかりません。

一体何が患者さんをこの状況に追い込んだのでしょう。メディアの情報?家族からの情報?いやな医療の経験?正直わかりませんでしたが、とりあえず話を進めていきました。医療者と患者が一度こじれると医学的に正しい医療がその患者さんには正解ではなくなります。それは前医で一度ずれると後医が元に戻すのは大変です。

医療者としてどうすればいいのか。患者さん、患者さん家族、その他の人たちとしっかり話しました。一度全員で意思を統一しなければどうしようもありません。そして例えそれが医学的に誤ったものでも、法的に大きな違反がなければ患者さんの希望なら私は許容したいと今は考えています。(それこそあの透析中止の尊厳死と似ているかもです。)

幸いこの患者さんは、今回私の説明で治療に対して少し前向きになってくれました。そういくらかの抗がん剤治療を受けることに納得してもらい、入院中の病院に帰っていきました。

この間私は喋り続けて1時間、料金は正式なセカンドオピニオンではないため、そして他院に入院中のため報酬は0です!このような対応は時間も手間もかかります。この間違った知識への個別の対応が医療者の仕事かどうかは個人的には少し微妙です。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。