記事

立花胡桃 キャバ嬢から保育士へ、年収激減でも転職する理由


3月20日、元カリスマキャバ嬢の立花胡桃(37)が、3月いっぱいで芸能界を引退するとブログで宣言した。立花は2018年秋から保育士専門学校に通っていた。

キャバ嬢時代の立花は22歳で最高月収2,000万を稼いでいたというが、私立保育園の保育士の平均月収は、手取り18万円程度。これほど収入に格差があるにもかかわらず、なぜ立花は転職を決意したのだろうか。

20日に更新したブログで彼女は《保育士の収入が低いことも重労働なことも理解しています》としながらも、こう覚悟をつづっていた。

《保育士として子どもの発達に寄り添いたい思いと、もう一つ、子どもの虐待に向き合っていきたいという思いがあります》

児童虐待への問題意識が背景にあることを明らかにした立花。2018年5月15日のブログでも、保育士を目指したきっかけについてこう語っている。

《まず何よりも子供が好きな事 そして、自分自身が子育てをする中で保育を一から学びたいと思ったから》

そんな立花に対して、ネットでは感銘を受けた人が続出している。

《チャレンジすることはいい事だと思う。銭の為の転職ならやらないと思うから、真剣なんだと思う》

《保育士は、キャバ嬢に比べ、かなり安い給料なので、キャバ嬢で高額稼いできたこの人が、それをどう感じるか、大変興味があります》

立花は今後も専門学校への通学を続け、保育士としての活動を本格化させていく予定だという。《不安もありますが、やる気でいっぱいです》とする彼女の転身に、注目が集まりそうだ。

あわせて読みたい

「保育士」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  2. 2

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  3. 3

    石破氏が固執する奇異な憲法解釈

    篠田 英朗

  4. 4

    自民議員「韓国は北朝鮮笑えぬ」

    城内実

  5. 5

    文氏「日本の指摘は重大な挑戦」

    ロイター

  6. 6

    米国に泣きつく韓国の告げ口外交

    WEDGE Infinity

  7. 7

    政策の違い比較したイラスト話題

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    徴用工 三菱重工の資産現金化へ

    AbemaTIMES

  9. 9

    ドトールがスタバに勝る食品の質

    内藤忍

  10. 10

    橋下氏がデキる部下の神対応称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。