記事
  • 東龍

ゴジラに猫、恋や遊園地? みんなが大好きなストロベリーデザートブッフェの系譜と今

1/2
ヒルトン東京「マーブルラウンジ」の「ストロベリーCATSコレクション」/著者撮影

様々なテーマ

ゴジラ、猫、1980から1990年代、イギリス・フランス・ベルギー、ひなまつり、恋、森のパーティー、遊園地と聞いて、何を連想しますか。

それぞれには全く関連性がみられず、バラバラであるように感じられるかと思います。

しかし実は、全てがストロベリーデザートブッフェに関係しているのです。

  • ストリングスホテル東京インターコンチネンタル「ザ・ダイニング ルーム」

「イチ・ゴジラ」/2019年1月15日~5月31日

  • ヒルトン東京「マーブルラウンジ」

「ストロベリーCATSコレクション」/2018年12月26日~2019年5月中旬予定

  • ヒルトン東京お台場「シースケープ テラス・ダイニング」

「きらきら★いちごドリーム」/2018年12月29日~2019年3月17日

  • コンラッド東京 オールデイダイニング「セリーズ」

「いちごスイーツジャーニー」/2019年1月12日~4月5日

  • 京王プラザホテル「樹林」

「ストロベリー ガールズセレブレーション」/2019年2月1日~3月31日

  • ANAインターコンチネンタルホテル東京「シャンパン・バー」

「ストロベリー&ルビー ときめくスイーツブッフェ」/2019年1月15日~4月26日

  • ホテル椿山荘東京「ル・ジャルダン」

「苺&ランチブッフェ ~森のストロベリーパーティー~」/2019年1月16日~3月20日の平日

  • ヒルトン東京ベイ「ラウンジ・オー」

「ストロベリー・ワンダーパーク」/2018年12月29日~2019年3月31日の土日祝

どれもちょうど現在、東京のホテルで行われているストロベリーデザートブッフェのテーマとなっています。

テーマを重ねる

200以上の品種を開発し、世界でもイチゴが特に好きな日本人にとって、苺・イチゴ・ストロベリーといったキーワードは多くの消費者やメディアの注目を引きつけます。しかし、人気があってどこでも行われているので、他と差別化を図るために、ストロベリーデザートブッフェにさらなるーマが設けられているのです。

つまり、それだけストロベリーデザートブッフェが人気となっており、様々な試みが行われているといってよいでしょう。

では、そこまで支持されているストロベリーデザートブッフェとは一体何者なのでしょうか。

デザートブッフェの歴史を振り返ってみながら、ストロベリーデザートブッフェの進化についてみていきます。

デザートブッフェの流れ

ますデザートブッフェにおける時代の流れを簡単におさらいしてみましょう。

1980年代にヒルトン東京がデザートブッフェを始めたことが、日本における起点です。その頃はフェアが行われていませんでしたが、ゲストのリピート率を高めたり、メディアの注目を高めたりするため、2000年代始め頃からフェアが行われるようになりました。

ランチブッフェやディナーブッフェでは、北海道や九州、フランスやイタリアというように、地域や国がテーマとなることが多いですが、デザートブッフェではストロベリーやマロン、クリスマスやハロウィーンというように、食材やイベントがテーマとなるのが特徴です。

数あるフェアの中で爆発的な集客力を誇るのが、先に紹介した12月下旬から5月上旬にかけて行われるストロベリーフェア。開催ホテルのほとんどで、連日ほぼ満席となります。

物語性のあるデザートブッフェ

ホテルがデザートブッフェに磨きをかけていき、おいしいこと、種類がたくさんあることに加えて、フェアが魅力的であることが大切になってきました。

さらには、デザートそのものだけではなく、デザートを彩る装飾にも力を入れるようになり、ブッフェ台が重要性を高めるようになっています。

それと平行して物語性をテーマに掲げるようになりました。

マリー・アントワネットの時代や大正のお嬢様の部屋をイメージしたものから、オズの魔法使いやピーターラビットを再現したものまであり、装飾で表現することはもちろん、その中で描かれているシーンをデザートで創作したり、世界観と調和するスイーツの名前を付けたりしているのです。

SNSで発信する人が多い現代では、インパクトのある物語が拡散力を強めます。

ストロベリーデザートブッフェの系譜

横浜ベイホテル東急「ソマーハウス」/著者撮影

では、ストロベリーデザートブッフェに関してはどのような変遷を経てきたのでしょうか。

イチゴの食べ比べを2005年あたりから始めたのが横浜ベイホテル東急「ソマーハウス」でした。今では数種のイチゴを食べ比べることができるのも当たり前という贅沢な時代となりましたが、その先駆けとなり、しかも、当時は8種ものイチゴを揃えていたことは実に衝撃的です。

ストロベリーデザートブッフェの転機となったのは、2010年にグランドプリンスホテル新高輪「マルモラーダ」で行われた「いちご3スタイルズブッフェ」でしょう。「マダムいちご」「オトナいちご」「森ガールいちご」とテーマを設けてストロベリースイーツを提供し、単調なるストロベリーデザートブッフェに一石を投じました。

ちなみに「マルモラーダ」は2017年4月に「スロープサイドダイナーザクロ」というブッフェレストランにリニューアルしています。

あわせて読みたい

「スイーツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    堀江氏の低賃金めぐる解説が秀逸

    かさこ

  4. 4

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  5. 5

    教師いじめ給食カレー中止に賛否

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    橋下氏 政治家のダム批判に指摘

    橋下徹

  8. 8

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  10. 10

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。