記事

さよなら「港屋」 日本一行列のできる立ち食いそば、店主が明かす「閉店の真相」 - 坂崎 仁紀

 2019年2月4日に東京虎ノ門の超人気店「港屋」は閉店した。それは突然の出来事であった。そして、店の入口にはこんな挨拶文が残されていた。

【写真】閉店した「港屋」の写真を見る(全11枚)

<みなさまへ

 どうやら寿命が来た様です。

 沢山の沢山のみなさまに、溢れるばかりの溢れるばかりの愛を頂戴致しまして、心よりありがとうございました。

 寂しすぎて、お別れの言葉さえお伝え出来なかった事、ごめんなさい。

 感謝の薔薇に代えて   

 港屋 菊地剛志 従業員一同>


「港屋」の入口に貼られた挨拶文

駆け抜けた17年間だった

 港屋は2002年7月に幕が上がり、そして、2019年2月にその幕を下ろした。駆け抜けた17年間。

 日本そば界のみならず食文化を近年、大きく変えた店といえば「港屋」をおいてないと思う。「港屋」は独自のスタイルを提案し、そば屋そのもののイメージを一新させた。

 幕を下ろしてから1か月が過ぎた頃、菊地さんにお話を聞く機会を得た。3月11日の午後3時、あの虎ノ門の「港屋」で2年ぶりの再会となった。いつもの笑顔で出迎えてくれた菊地さんは、どちらかというと以前にもましてお元気そうな様子。店内は、ほんのりと甘い、「港屋」の出汁の移り香がした。

もう自分が現場に立って「港屋」をやるという事はない

――17年を終えた今の実感や感想を聞かせてください。

菊地 本懐という感じです。最初の頃は、お客さまから「なんでラー油を入れるの?」「椅子はないの?」なんてご質問を頂きました。でも、虎ノ門のお客さまはアンテナ(感性)が高いんですよ。そしてすぐに「港屋」は食文化のひとつとして認知して頂ける様になりました。当時の自分を今の自分が素材として思うと、随分と一芸に秀でた若者だな。って思いますね(笑)。

――最後の挨拶文に「寿命」という言葉を使われていました。

菊地 「閉店」という言葉は使いたくないんです。「寿命」すなわち「港屋が他界する」それです。人はいつ死ぬかわからない。お店も同様です。お客さまは、溢れるばかりの溢れるばかりの愛をお持ちになり、いらしてくださっていたと感じております。つまり「命」があったんですね。

――ということは、「港屋」を再開することはないということですか?

菊地 僕は虎ノ門という土地をすごく愛しておりました。余談ですが、僕は寅年、寅月、寅日、生まれなんです(笑)。「港屋」は虎ノ門以外考えられない。寿命がきた訳ですから、自分が現場に立って「港屋」をやるという事はないですし、人生に例えて店生と言うならば、これが店生なのではないかと思っております。

――現在はどんなことをされているのですか。

菊地 株式会社KIKUCHI Art Galleryの代表を致しております。菊地剛志の感性で表現したい商品を、ディレクションする仕事ですね。僕は60歳で死ぬ可能性もあると思ってます。あと15年と考えると沢山やりたい事がありますからね。

「そば職人をやっていたという感覚はあまりありません」

 ラー油を使うようなそばを食べることができる店は「港屋」以外にはなかったと思う。創業当時、そば愛好家の間でも驚きや好奇心をもって店を知り、食べに行って、その味に驚嘆した。そして、あっというまに超人気店になり、お客さまから絶大な支持をされる様になった。一方、そばの作り手の側では、「港屋」の登場はさらに衝撃的な出来事だった様で、その後、港屋インスパイアという店群が数多く登場し、他業界でも辛過ぎないラー油の登場やスタイリッシュな立ち食いスタイルを模倣し現在に至っている。

――「港屋」がそばの世界に与えたインパクトについてはどうお考えですか

菊地 まず、自分はそば職人をやっていたという感覚はあまりありません。「菊地がそば屋を表現すると港屋だよ」という事だと思います。26歳で脱サラし、1年間スタジオにこもってましたね。ひとりで。どんな空間で? どんな食材で? 欲しい物はゼロベースで作り……という訳です。全部、自分でやらないと気が済まないんでしょうね。

「港屋」はサロンみたいな雰囲気もあった

――「港屋」は超人気店でしたし、愛されていた店だったんですね。

菊地 毎日の様にいらしてくださるお客さまも沢山おりました。また毎日の様に素敵なお心遣いも沢山頂戴致しました。スタッフの女の子にも優しくしてくださって。いつも長い列になり、みなさまにも周辺の方々にもご迷惑をお掛け致しましたが、「港屋」はそんなサロンみたいな雰囲気もあったんです。

――「港屋ファン」のみなさんにメッセージをお願いします。

菊地 みなさま、「港屋」を愛してくださいまして心よりありがとうございました。「港屋」はみなさまが開いてくださった文化の扉ですし、その文化はみなさまのものです。これからも新しい文化の扉の鍵をご用意致しますので、みなさまで開いてくださいね。

――そばや食の作り手の人たちにもメッセージをお願いします

菊地 そばなんて難しく考えず自由で良いと思います。ただし、自由という発想が難しい。もっとすごい人が現れ、さらにすごい人が現れる。楽しみですね。

開発中の中華麺とうどんを振舞ってくれた

 菊地さんに話を聞いていると、いつも遠くを見るような鋭い視線を放つ。駆け抜けた17年。日本そばの歴史を変え、この時代に新しい食文化の扉の鍵を作った手腕は特筆すべきものがあると思う。

「港屋」が度々登場する漫画「島耕作」の作者、弘兼憲史氏からは、「お疲れ様」と労いの言葉を頂戴したそうだ。

 インタビューを終えて帰ろうとしたら、菊地さんが今開発中の中華麺とうどんを振舞ってくれた。大釜に水をはり、強力なガスコンロに点火し、冷水装置を使って、機材の説明をしながら流れる様な所作で作ってくれた。その美しい麺とつけ汁は、さすが菊地さんの完成度だ。満員だったお店の記憶を思い出しながら味わうことができた。

 人生には隆盛がある。菊地さんはまだ45歳と若いし、勢いがある。これからの菊地剛志さんの独創的展開を楽しみにしていきたいと思う。本当に、お疲れ様でした。

 なお、港屋2(Minatoya 2)が大手町の星のや東京で、密かに営業している。

※取材協力
株式会社KIKUCHI Art Gallery 
TEL:03-5789-5421
HP kikuchiartgallery.com

写真=鈴木七絵/文藝春秋

(坂崎 仁紀)

あわせて読みたい

「グルメ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    丸山議員「絶対に辞められない」

    AbemaTIMES

  3. 3

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  4. 4

    「面接大喜利」得意な学生は淘汰

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  6. 6

    堀江氏の恋愛論 ケチはモテない

    GOETHE[ゲーテ]

  7. 7

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  8. 8

    老人より事故多い若者 対策急げ

    毒蝮三太夫

  9. 9

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  10. 10

    戦争発言 元官僚の厄介な勘違い

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。