記事

まんぷくの時代の虫垂炎の診断 当時はCTもエコーもない! ある意味職人芸

朝ドラの話です。(『まんぷく』倒れる松坂慶子に視聴者「鈴さん退場はやめて」の声

まんぷくの時代、1970年前後において虫垂炎の診断はとても難しいものです。お腹を押した時に特異的な部分(マックバーネー(McBurney)点)の圧痛があり、白血球が高ければ手術を行うという、今では考えられないある意味少し博打的な要素があった時代で、ハズレもあったはずです。

ブラックジャックでも憩室炎と虫垂炎の鑑別のストーリーがあったと思います。当時は虫垂炎の診断は本当に職人技でした。今はCTやエコーで診断の精度はだいぶ上がり、診断を間違えることは少なくなりました。そして治療も手術から抗生剤に流れも変わってきています。
(それでも手術が必要な時はもちろんあります。)

>「鈴さんは虫垂炎だと思われますが…まだはっきりしません」と歯切れの悪い一言。福子が「それはどうして?」と質問すると、医師は「ひょっとするとお母さんは内臓が逆転してるのかもしれません」と説明する。

この部分面白いです。ドラマに出ていた内臓逆位!これでは当時自信を持って虫垂炎と診断するのは絶対無理でしょう。ただ胸のXーPで内臓逆位はわかるから、「ひょっとすると」は少し台詞としてはどうかなとは感じます。

あと萬平さんが「医師にそんないいかげんなことでいいのか」と憤っていたのは当時も今も変わらないと感じました。医療の技術の進歩がいくらあっても、医師は歯切れよくしゃべらないと患者は納得しないということが本当わかりますね。

なんか面白かったです。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  2. 2

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  3. 3

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  4. 4

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  5. 5

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  6. 6

    参院選 共産党の変革ぶりに驚き

    早川忠孝

  7. 7

    タピオカ店店員「飲みたくない」

    文春オンライン

  8. 8

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  9. 9

    橋下氏 侮辱なければ日韓対立OK

    AbemaTIMES

  10. 10

    吉本問題 芸人らの仲裁が最適解

    山口利昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。