記事

二度と惨事を繰り返さないためにも是非やってほしい!【NZ銃乱射事件】

先週15日(金)にクライストチャーチ(ニュージーランド)で銃乱射事件が発生しました。事件直後はイスラム教会「モスク」を狙った反イスラムの犯行と言われてきましたが、死者は昨日18日午後現在で50人にのぼっています。

単独犯による銃乱射、テロ事件としては異例の大惨事になりました。
ニュージーランドは治安の良い国と一般的には思われてきました。そんなニュージーランドで今回の惨事が起きたことに、何よりも驚いています。

今回の事件でわかったことがあります。それはニュージーランドでは銃の保有者が実は多い事です。銃の所有には免許が必要ですが、16歳以上で試験に合格すれば、比較的容易に免許が取得できるそうです。その背景には狩猟文化「ハンティング」があるからです。

昨日の日本経済新聞によると、人口100人当たりの銃所持数はニュージーランドで33丁、オーストラリアは13丁、イギリスは5丁ということです。オーストラリアの2. 5倍、イギリスと比較すれば6倍以上の差ですね。ちなみに日本ではどれ程かを調べたところ、0. 006丁ということですから桁違いです。

これも日本経済新聞の記事に出ていましたが、14年前の2005年と比べてニュージーランドの銃所持者は6割も増えているそうです。知りませんでしたが、ニュージーランドでは銃が多い国と言えそうです。

私はこれまでに何度もニュージーランドに行っています。政治行政を調査して、「行革のレシピ 日本の料理法NZ風(1997年(平成9年)11月13日 読売新聞社発行)も出版しました。

それからも親密にお付き合いをしてきましたので、今年1月21日には東京にあるニュージーランド大使館でスティーブン・ペイトン駐日ニュージーランド特命全権大使にお招き頂き、夕食をご一緒してきました。

その時も話題になりましたが、私がニュージーランドを訪れていた1990年代半ばは人口が1万人ずつ増えていく傾向にあり、およそ360万人台から370万人台の人口時代でした。現在の人口は約470万人ですから、この20年間で約100万人増えた、そしてそれはほぼ移民ということです。

当然ですが、学校や職場、街角には移民が目立つようになってきたと考えられます。そして、今回の犯人が出した犯行声明の中には、移民を侵略者とみなして敵意をむき出しにしているような書きぶりがあるそう。

今回の事件を受けて、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は銃の規制強化を打ち出しました。事件の全容解明もですが、それとは別に是非やって頂きたいと思います。そして治安の良いニュージーランドを一刻も早く取り戻してほしいと思います。

「YouTube」ボタンからチャンネル登録をよろしくお願いします!

あわせて読みたい

「銃規制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ氏の「不機嫌」外交術

    井戸まさえ

  4. 4

    トランプ歓迎 国民性出た千秋楽

    早川忠孝

  5. 5

    安倍首相はトランプ接待の達人か

    内藤忍

  6. 6

    安倍首相だけがトランプ氏と緊密

    城内実

  7. 7

    トランプ接待は国民に利点ない

    階猛

  8. 8

    トランプ氏が天皇会見重視する訳

    WEDGE Infinity

  9. 9

    ゴルフ外交 2首脳だけで話す価値

    和田政宗

  10. 10

    賛同者も? 長谷川豊氏の差別発言

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。