記事

ツメの甘い調査報告

今日、衆議院厚生労働委員会、地方創生特別委員会とふたつの委員会で質問に立ちました。

厚生労働委員会は統計不正問題に関する集中審議。厚労省特別監察委員会の荒井委員長代理が出席だったので、「意図的な隠蔽とは認められない」という報告書の内容について、何をどう確認したのか問いました。これに対しては相変わらず「隠蔽があったのではないかという論点があったので、調べたところ隠蔽があったということが言えるところまでは確認できなかった」という趣旨の答え。

意味するところは「確認できなかった」ということであって、つまり肝心のところが確認できていない、ということ。これでは何のために追加調査まで行なったのか、全く意味がありません。一体何のためだったのか、というところまで突き詰めてこそ、特別監察委員会の役割を果たしたということになります。

荒井委員長代理は、元名古屋高等裁判所長官を務めた人物だということですが、よくこんなツメの甘い調査報告でよしとしたなと、理解に苦しみます。

あわせて読みたい

「厚労省の勤労統計不正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  5. 5

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  7. 7

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  8. 8

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    LIXIL社長 論点すり替えで復権

    大関暁夫

  10. 10

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。