記事

詐欺事件の「グルメンピック」、判決公判に主犯者は出廷せず

 日本最大級の食フェスを謳った「グルメンピック」の出店料を騙し取ったとして詐欺罪で逮捕された運営会社、大東物産(株)(TSR企業コード:300183526、東京都中野区)の幹部ら4名の判決公判が3月19日、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)で開かれた。

 裁判長は、同社幹部だった矢野千城被告に「(グルメンピックを)開催する意思がなかった」と断じて懲役6年(求刑9年)の実刑。一方、髙木信治被告(求刑5年)と元社長の中井冬樹被告(求刑4年)には「計画に関わっていない」などとして、無罪を言い渡した。矢野被告は、足を組みながら時折いらいらした様子で裁判長の判決理由を聞いていた。

 田邉智晃被告は3月14日に続き、延期した19日の公判も出廷しなかった。
 関係者によると田邉被告は保釈の許可後、連絡が取れなくなり海外逃亡の可能性もあるという。なお、幹部だった大須健弘被告は3月14日、懲役3年6月(求刑6年)を言い渡されている。被害者の弁護団「グルメンピック被害対策弁護団」の事務局長、小幡歩弁護士は今回の判決に「2名が無罪となったことは極めて遺憾だ。ほかの詐欺事件にも影響与えかねず、逃げ得は許さない。(検察の)控訴を期待したい」とコメントした。

[画像をブログで見る]

 2017年に東京と大阪で食フェスイベントの「グルメンピック」として大々的に発表し、全国の飲食店から出店料など約1億3,000万円を集めたものの、イベント直前の1月に開催延期を発表した。その後、被害弁護団が結成されたが、大東物産は2月20日、東京地裁に破産を申請した。

あわせて読みたい

「詐欺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  8. 8

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  9. 9

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

  10. 10

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。