記事

ランニングコストが不明な「ハコモノ事業」に、ポンっと土地取得だけで600億円?!旧こどもの城→都民の城への疑問

1/2

こんばんは、都議会議員(北区選出)・あたらしい党のおときた駿です。

本定例会、最初の「戦場」となった財政委員会は、予算特別委員会に先立ちすべての予算審議が終了し、関連議案についてはすべて「可決」されて幕を閉じました。

本予算については予算特別委員会で審議が続くので、まだ採決はされていないのですけど、今回の委員会質疑でもっとも質問が集中したのは「旧こどもの城」についてです。

「こどもの城」五輪でも活用へ 都が600億の予算計上:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM2B2Q2GM2BUTIL001.html


昨日もTweetした通り、当会派以外はすべて土地購入に前向きな姿勢を見せているものの、私はかなり疑問を持っています。

そもそも「旧こどもの城」は、広尾病院の移転先として都が土地取得をする予定でしたが、小池知事が就任後に「多額の費用面」などを理由に計画を白紙に戻したもの。

支出を抑え、コストとなりえるハコモノ・土地をむやみに「買わない」という選択については十分に理解できるものであり、上記の決断についてはこれまでも支持をしてきました。

ところが今回、一転して旧こどもの城跡地を購入すると。

しかも、当時買い取っていれば約370億円で済んだ費用が、土地高騰により現在は約600億円へ跳ね上がっています

そして、その理由として出てきた計画がコチラ。



旧こどもの城の活用の基本的考え方(概要版)より)

短期的にはオリパラのボランティア拠点などに利用。中期的には様々な事業を実施する複合施設「都民の城」となり、さらに長期的には周辺の都有地と合わせて一体開発が行われる。

けど、その具体的な中身は、これから有識者会議などで決められるので一切不明!

すんごく平たく言うと、こういうものです。

私が委員会でも繰り返し指摘した最大の懸念は、これはいわゆる「ハコモノ事業」であり、そのランニングコストがまったく不透明なことです。

こちらもまだ具体化されていない、中期利用計画の「都民の城」については、

■100歳まで学べる環境
■コンテンツ産業での創業を支援するインキュベーションセンター
■女性の起業・創業を支援する女性経営者等の活躍促進施設
■福祉サービスを支える人材の確保・育成・定着を推進する場
■芸術・文化などの活動の場
■女性、高齢者、障害者等の活躍を促進する就業支援施設や働き方改革支援施設
■障害のある人もない人も、誰もが利用できるスポーツ活動の場

という項目がずらりと並び、パッと見ただけですでに実施していたり、区が行っている事業といわば「二重行政」になりそうなものも散見されます。

しかも都が事業主となってやる場合、多摩地域や島しょ部の方が利用しづらいなど、エリアによって制限がかかりますので、こうした「ハコモノ」を持つことは望ましいとは思えません。

そして、これだけのコンテンツを格安または無料で提供すれば、そのランニングコストは膨大なものになることが予測されますが、その計画案は…一切なし。不明。

民間であればまず考えられない、「見切り発車」で600億円もの土地を取得して良いのか。

また「長期計画」についても、どこかで見たことあるスキームなんですが、築地再開発とまったく同じですよね。有識者会議で議論して検討って。

そうしている間にも、また知事の方針が二転三転するのではないか?という懸念が払拭されていない状態では、この長期計画も是とすることは困難です。

あわせて読みたい

「予算委員会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  2. 2

    金正恩氏の権威失墜で体制崩壊へ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  7. 7

    池袋事故 被害者の実名は必要か

    かさこ

  8. 8

    沖縄3区で野党支援の候補が当確

    国民民主党

  9. 9

    自覚なし? 増殖する差別おじさん

    NEWSポストセブン

  10. 10

    小沢氏 沖縄3区は民主主義の勝利

    自由党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。