記事

「金丸裁定」から35年!密かに決着していた「台湾代表処」150億円土地名義問題 - 野嶋剛

1/2
くだんの「代表処」を訪れると……(筆者撮影、以下同)

「台湾の大使館の土地名義がとうとう変わったらしいよ」――。

 そんな内部情報を、日本で台湾とのビジネスを手がけている人物から教えてもらった。「大使館」といっても、日本と外交関係がない台湾の場合、正式には「台北駐日経済文化代表処」と言う。

1月24日付で所有権移転登記がなされている

 すぐに都内の法務局に向かった。登記を調べてみると、確かに今年1月24日、土地の所有者が「馬紀壮」から「一般社団法人 台北駐日経済文化代表処館産管理委員会」に変更になっている。一体、どういうことだろうか。

 代表処があるのは東京都港区白金台。プラチナ通りの一本裏手にあり、白金台駅と目黒駅まで徒歩数分。東京でも指折りの高級住宅街だ。敷地内に代表処ビルと駐日代表の公邸があり、現在の土地の資産価値は150億円と見積もられている。

 台湾では、現在の駐日代表・謝長廷氏が2016年に就任して以来、名義を変更するか否かが政治問題化していた。

 登記が変更されたということは、台湾の事実上の「大使館」をめぐる日台外交史の「秘話」に、1つの決着がついたことを意味している。

日中国交正常化で「大使館」が……

 事の発端は1972年まで遡る。当時蒋介石率いる中華民国政府は共産党との国共内戦に破れて台湾に撤退していた。

 日本は戦後、米国の圧力もあって、1952 年に日華平和条約を台湾(中華民国)と結び、外交関係を樹立したが、20年後のこの年、台湾を捨て、中華人民共和国と国交を結んだ。いわゆる日中国交正常化だ。

 その際、台湾の「外交資産」である大使館などは、いったん日本政府に委託され、中華人民共和国政府に譲渡された。現在、中華人民共和国の駐日大使館がある六本木の土地は、もともと台湾の大使館だった。

 台湾の日本の出先機関は名称を「亜東関係協会」に変更し(1992年に現在の台北駐日経済文化代表処になる)、都内の商業ビルを借りた。しかし、賃貸費が高額などの理由から、新たな土地の取得を模索した。

 通常、駐日大使館が物件探しをする場合は、日本政府も協力して優遇価格で国有地の払い下げなどの便宜を図るが、台湾とは外交関係がなく、物件探しは難航していた。

政治判断が含まれていた可能性

 転機が訪れたのは1986年1月だった。白金台の土地が、台湾に払い下げられたのだ。

 元の所有者は日本政府の農林水産省傘下の林野庁。林野庁が管轄する東京営林局白金台公務員宿舎であった。それが、自民党の中曽根康弘政権時に、いわゆる「中曽根民活」の一環として民間への払い下げ対象になった。

 宿舎跡地の面積はおよそ6000平方メートルにのぼった。その半分が港区に払い下げられ、後に特別養護老人ホームが建設された。そして残り半分の約3000平方メートルが台湾側へ払い下げられ、亜東関係協会となった。

記事によれば価格は「3000平方メートル41億円」

 しかし、この払い下げは当時、日本国内で多くの議論を呼んだ。朝日新聞は1987年10月6日付夕刊の社会面トップに、「林野庁宿舎跡地、台湾の団体に払い下げ」という記事を載せた。国有地が優遇価格で外交関係のない台湾に払い下げされたことについて疑問の声が上がっている、という批判的な内容だった。

 その記事などによると、林野庁は「二つの中国」に神経を尖らせる中国政府に配慮して台湾側との直接の交渉を回避し、日本側の対台湾窓口である「交流協会」を通して交渉。外務省や大蔵省(当時)にも意見を聞いた。外務省は「台湾とは国交はないが、民間交流はあり、その交流を促進するうえで公益性の強い業務を行っている」と亜東関係協会の役割を認定し、大蔵省も随意契約による優遇価格での払い下げを認めたという。

 私が感じたのは、この払い下げ自体に、かなり高度な政治的判断が含まれていた可能性が高いということだ。農水省、林野庁、大蔵省、そして外務省が絡んだ案件であり、省庁ごとの縦割り主義が強い日本では、こういう省庁横断的で複雑な案件は、力のある政治家が間を取り持たないと、なかなか実現しない。

「金丸信の力で取得したもの」

回顧録に「答え」はあった

 政治判断を裏付ける証言が何かないかと資料を当たっていたら、日台断交後、最初の駐日代表になった馬樹礼氏の中国語の回顧録『使日十二年』に、その答えを見つけた。

 馬氏は、1984年に自民党幹事長に就任した金丸信に接近した。金丸は、「田中曽根内閣」と揶揄された当時の中曽根内閣の後ろ盾、田中派の重鎮であった。田中角栄がロッキード裁判を抱えて政治の第一線から退いていた当時、派閥のパワーを操っていたのが金丸とされていた。

 その金丸を、馬氏は幹事長就任祝いで食事に招いた。そこで金丸から台湾訪問の意向が表明され、馬氏はその実現に奔走する。多忙の金丸は週末しか台湾訪問の時間が取れないが、当時の蒋経国総統は週末には来客に応じないことを原則としていた。

 しかし、馬氏は蒋総統の側近である秦孝儀氏に電話をかけて説得を依頼し、なんとか蒋総統と金丸の面会を実現したという。

 2人の会談は盛り上がった。それまで中華人民共和国と近かった田中派に、台湾人脈の楔を打ち込んだと言ってもいい。馬氏は前述の回顧録のなかで、白金台の土地について、「のちの我々の東京での建館(大使館建設)の土地は、主に金丸信の力で取得したものである」と書き残している。

あわせて読みたい

「台湾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  2. 2

    金正恩氏の権威失墜で体制崩壊へ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  7. 7

    自覚なし? 増殖する差別おじさん

    NEWSポストセブン

  8. 8

    沖縄3区で野党支援の候補が当確

    国民民主党

  9. 9

    小沢氏 沖縄3区は民主主義の勝利

    自由党

  10. 10

    保岡興治氏の要職外した安倍首相

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。