記事

若者の3割「本気で死にたいと思ったことある」 4人に1人「いじめ」を原因に挙げる

キャリコネニュース

画像はプレスリリースより

日本財団は3月19日、自殺に関する意識調査の結果を発表した。発表された調査結果は、2016年から毎年1回行われている継続調査(1万5362人回答)と、昨年11月から12月にかけて若者を対象に実施した補充調査(3126人回答)の2種類。

18歳~22歳の若者のうち、「本気で自殺したいと考えたことがある」と答えた人は、男女平均で30%(男性26%、女性34%)だった。自殺未遂経験がある人は11%(男性9%、女性13%)だった。

自殺念慮を抱いた具体的な原因を複数回答で聞いた。「学校問題」を挙げた人は48%。このうち、「いじめ」を原因に挙げたのは49%だった。自殺念慮を抱く若者の約4分の1は、いじめを原因としていると言える。

不登校経験者の自殺未遂率、未経験者の9倍以上

いじめがそれ単体で自殺念慮に影響を与えているかどうか調べるために、「いじめ」と答えた人が「家庭不和」など他の項目を選択しているかどうかチェックした。この結果、「いじめ」と答えた人のうち、「いじめ」だけを選択した人が22%と最多だった。調査を実施した日本財団はこの結果から、いじめは「単体で自殺念慮・未遂に大きな影響を与えている」と分析している。

1年以内の自殺念慮に注目すると、1年以内に「学業成績の不振や急激な低下」を経験した人々では24%、「学校での人間関係の不和」経験者では26%となっており、そうした経験がない人に比べて3倍程高かった。

また、1年以内にいじめや不登校の経験者は、非経験者の4倍を超える35%が、自殺念慮を抱いたと回答している。学校関連の負の経験と自殺念慮には、一定以上の関連がありそうだ。

1年以内の自殺未遂についても、全体では3%なのに対して、学業不振経験者は9%、学校での人間関係不和経験者も8%と、比較的高い割合の人々が自殺未遂を行っていた。いじめ経験者は未経験者(3%)に比べて6倍以上の19%、不登校経験者も21%と、未経験者の 2%と比べて9倍以上になっていた。

自殺念慮、3年経っても約7割は継続 自殺未遂も半数以上が再経験

継続調査の結果、これまでの人生の中で本気で自殺したいと考えたことのある人は25.3%だった。自殺未遂を経験したことがある人は5.5%だった。

2016年の調査で「本気で自殺したいと考えたこと」が1年以内にある人を2017年、2018年と継続して調査した結果、2017年時点では67%、2018年時点では68%で自殺念慮が続いていた。自殺未遂について調査したところ、2016年時点で自殺未遂を1年以内にした人は、2017年時点で55%が繰り返し経験、2018年時点でも77%が再経験していた。

あわせて読みたい

「自殺」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  7. 7

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  8. 8

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

  9. 9

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  10. 10

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。