記事

「奨学金は学生ローンであることを忘れてはならない」――「保証人制度の廃止検討」報道をどう見る

保証人制度廃止の議論が始まります
保証人制度廃止の議論が始まります

学生の学費などを支援する奨学金だが、返済に苦しむ人は少なくない。3月18日放送の「モーニングcross」(TOKYO MX)では、元衆議院議員の網屋信介氏が生出演し、奨学金の未返済額が増加している問題について語った。

報道によると、政府は日本学生支援機構の貸与型奨学金について、親族などを保証人とする「保証人制度(人的保証)」を廃止し、学生が保証機関に保証料を支払う制度「機関保証」に一本化することを検討している。網谷氏は、親族の高齢化やリストラで支払いきれず社会問題となっている点をふまえ、今回の動きになっていると解説。借金をしてまで学ぶべきか慎重に考える必要があることを匂わせていた。(文:okei)

返済されない可能性が高い「リスク管理債権額」は、5940億円

奨学金を受ける人の数は2011年から増加し始め、利息の無い「第1種奨学金」よりも利息がある「第2種奨学金」が特に増加している。奨学金の貸与金額(2017年度末)は9兆3743億円で、在校生を除いた要返済債権額は7兆498億円になる。そのうち、返済されない可能性が高い「リスク管理債権額」は、5940億円にのぼる。

網谷氏は、奨学金増加の背景には、大学の授業料の高騰があると解説。景気の良かった80年代から上りはじめ、2000年には倍以上に跳ね上がっている。国が大学への補助金を下げていることも理由として挙げた。

一方、サラリーマンの年収は95年を境に上がらず横ばい傾向に。仕送り額も90年をピークにどんどん下がっている。負担が重くなるにつれ、奨学金を借りる人が激増しているのだ。

網谷氏は、かねてより議論になっていた給付型の奨学金制度がやっと今年4月から開始されるとしつつ、奨学金の返済義務について強調。そもそも奨学金制度は、「返ってきたお金を次の学生に貸す」という仕組みのため、返済されなければ次の学生へ回すお金が無くなってしまうと説く。「奨学金という名前がよくない。貰えるというイメージがある」として、

「奨学金は低利の『学生ローン』であることを忘れてはならない」

「安易に奨学金じゃなく、返さないと次の世代に回らないよということを認識してやってほしい」

と警鐘を鳴らした。

堀潤氏「未来への投資なんだから、国がしっかりと育ててあげて」

また、奨学金を延滞するとどうなるかについては、

「滞納1か月で電話催促や督促状、2か月で延滞金が発生し、3か月延滞するとブラックリストに載る。9か月を過ぎると法的措置が取られ、返済しても5年間はブラック情報として信用情報に残ることになる」

と釘を刺している。

確かに安易に多額のローンを組んでしまう人もいるだろうが、背景として補助金の削減や授業料の高騰、親世代の収入減が関係していることを考えれば、やむを得ない選択の人も多いはずだ。今年から始まる給付型の奨学金も、すべての学生が利用できるわけではなく課題は残る。何より、もう大学を出れば高収入の職に就けるとは限らない現実が問題だ。

司会の堀潤氏は、「これ(ブラックリスト)は若者に背負わせるの可哀想ですよ」とコメント。

「未来への投資なんだから 負債を前提とした奨学金じゃなくて国がしっかりと育ててあげてよって(思う)」

などと、若者の立場を思いやる言葉を口にしていた。

保証人制度の廃止は今月中に有識者会議が開かれ検討される。保証人の負担をなくし、奨学金制度の財政安定化を図るのが狙いだが、制度を利用するすべての学生に保証料負担が生じるため、政府内での慎重論も根強く調整は難航すると見られる。

あわせて読みたい

「奨学金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  2. 2

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  3. 3

    大相撲「トランプ杯」授与に反対

    鈴木しんじ

  4. 4

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  5. 5

    批判に弱い幻冬舎の見城徹社長

    渡邉裕二

  6. 6

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    雑誌の衰退は何を意味するのか

    門田隆将

  9. 9

    セブン廃棄ロス策 5%還元に呆れ

    永江一石

  10. 10

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。