記事

【アプリ】、月5ドルのコーヒーサブスクリプション!米国はマーケティング事例の宝庫?


■ハンバーガーチェーンのバーガーキングは15日、月間5ドルのコーヒーサブスクリプション(購入定額プラン)を始めたことを発表した。バーガーキング・アプリのダウンロードを促進し、モバイルオーダーの利用者増と朝食時間帯の来店頻度を高める。

月間5ドルでスモールサイズのコーヒーを毎日無料で飲める「BKカフェ・コーヒー・サブスクリプション(The BK Cafe Coffee Subscription)」は、バーガーキング・アプリのみでの利用となる。

ファストフード業界では初となるサブスクリプションは、アプリをダウンロード後、クレジットカードなど利用者情報を登録してサインアップする。トップページにある「サブスクリプションを始める(サブスクライブ・ナウ)」のボタンをタップしてプランに加入するだけ。

使い方は画面トップに表示される「デイリーコーヒー(Daily Coffee)」ボタンをタップし最寄りのバーガーキングを選択する。砂糖とクリームの有無を決めて「注文に加える(Add to Order)」をタップしておく。店に到着したら「到着しました(I'm Here)」をタップするとコーヒーが準備されるので、あとは窓口で受け取るだけだ。

1日1杯のみだが、30日間の利用で1杯あたり約17セント(15円)となる。5回も利用すれば元が取れる計算だ。

バーガーキングでは同サブスクリプションのキャンペーンで「スターバックのラージサイズのカプチーノ1杯分のお値段で、バーガーキングのコーヒーを1ヵ月お楽しみいただけます」と謳っており、スターバックスのロゴマークに似せたデザインでも訴求している。

 バーガーキングは以前も競合店のマクドナルドにいるお客を狙い、自社のバーガー「ワッパー(Whapper)」を1セント(約1円)で購入できるキャンペーンを展開したことがある。

昨年末に行った「ワッパー・ディツアー(Whapper Detour)」ではバーガーキングのアプリをダウンロードした利用者が、マクドナルドの店舗から600フィート(約180メートル)の圏内に入るとワッパーを1セントでモバイルオーダーできたのだ。

このキャンペーンによりバーガーキングのアプリは、アプリストアのダウンロード総合ランキングでユーチューブアプリを抑え1位になった。またバーガー・キングを経営するカナダのレストラン・ブランズ・インターナショナルによると、アプリのダウンロードは150万件を達成した。

ワッパー・ディツアーはジオフェンシング技術を応用し、競合店のマクドナルドをジオフェンシングした画期的なキャンペーンとなった。競合店の圏内にいる利用者が自社のアプリを起動することで、ディスカウントやクーポンなど来店促進につながるアクションが自動的に起きる仕組みだ。

バーガーキングの国内店舗数は約6,600店。一方、競合マクドナルドは14,000店以上だ。巨大チェーンの圧倒的なプレゼンスもジオフェンシングによるキャンペーンを応用することで自社のモバイルオーダー利用が増えることになる。競合店が新商品を発売したら、ジオフェンシングにより競合店の圏内で自社の類似品を安く提供することも可能だ。

 バーガーキングのコーヒーサブスクリプションや競合店の圧倒的な店舗数をいわば「ダシ」に使ったジオフェンシング・マーケティングは、コンビニエンスストアや他の業界でも応用がききそうだ

トップ画像:バーガーキングのコーヒーサブスクリプションのキャンペーン。「スターバックのラージサイズのカプチーノ1杯分のお値段で、バーガーキングのコーヒーを1ヵ月お楽しみいただけます」と謳っており、スターバックスのロゴマークに似せたデザインでも訴求している。


バーガーキングの月間5ドルのコーヒーサブスクリプション「BKカフェ・コーヒー・サブスクリプション(The BK Cafe Coffee Subscription)」の説明動画。同サブスクリプションはスモールサイズのコーヒーが1日1杯のみだが、30日間の利用で1杯あたり約17セント(15円)となる。5回も利用すれば元が取れる計算だ。アプリのダウンロードを促進し、モバイルオーダーの利用の増加と来店頻度(特に午前中)を高めるのが狙いだ。



ファストフード業界では初となるサブスクリプションは、アプリをダウンロード後、クレジットカードなど利用者情報を登録してサインアップする。トップページにある「サブスクリプションを始める(サブスクライブ・ナウ)」のボタンをタップして5ドルでプランに加入する。



使い方は画面トップに表示される「デイリーコーヒー(Daily Coffee)」ボタンをタップし最寄りのバーガーキングを選択する。



カスタマイズで砂糖とクリームの有無を決めて「注文に加える(Add to Order)」をタップしておく。

店に到着したら「到着しました(I'm Here)」をタップするとコーヒーが準備されるので、あとは受け取るだけだ。1日1杯のみだが、30日間の利用で1杯あたり約17セント(15円)となる。5回も利用すれば元が取れる計算だ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。アメリカはマーケティング事例の宝庫です。最近はアプリを使ったマーケティングが急増しています。店のアプリをダウンロードしてもらい顧客に使ってもらうことで様々なマーケティングが可能となるばかりか、マス広告を打つよりコストを最小限に抑えることができるのです。しかもマーケティング効果も目に見える形ではっきりと測定できるのです。

今後、日本でもストアアプリが拡大します。それに伴い買い物を便利にするアプリ機能が増え、アプリを使ったマーケティングも急増します。後藤は多くのコンサルタントやコンサルティング企業にアドバイスをする立場です。当社に助言を求めてくるコンサルタントが少なくないのは、彼らもアプリが日本で拡大すると確信しているから。エントリー記事にあるバーガーキングの事例等、日本でも即応用可能なエッジの効いたアプリ・マーケティングはまずアメリカで生まれています。体験者しか知りえない一次情報を多く持つ後藤に依頼が集中するのですね。

 ところでコンサルタントの中には「情報交換」「意見交換」で依頼される方もいます。そういった方には「後藤が持つ一次情報と価値が等しい、御社がもつ情報は具体的になんですか?」と聞くようにしています(笑)。

あわせて読みたい

「バーガーキング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。