記事

「温暖化に無策」と若者たち一斉抗議

3日前の15日に、地球温暖化対策で大人の無策ぶりを訴え、北欧の少女がたった1人で始めた運動が世界に拡大し、共鳴する若者たちが、各国で一斉に抗議行動を起こしました。

デモや集会が、日本、オーストラリア、欧州など100ヶ国以上であり、各国政府への強いメッセージになりそう、と報じられています。日本では、東京の渋谷区で、プラカードを持った大学生や小学生など約120人が集まり、「先進国は責任を」「気候は変えず私たちが変わろう」などと訴えた、ということです。

京都でも、大学生や小学生など約100人が「京都から脱炭素を」と呼びかけて行進しました。「パリ協定」の前、温暖化防止の「京都議定書」が作られたのが京都なので、思い入れも強いのかと思います。

オーストラリアでは、シドニーで、授業をボイコットした学生など数千人が政府に対策強化を求めてシュプレヒコールをあげ、炭鉱開発を中止し消費電力を再生可能エネルギーで賄うよう要求しました。「政治家や大人は後の世代のためにも対策をしっかり考えてほしい」と高校生が語っています。

ドイツでは、子どものデモに共感する親の会が各地で結成され、「子どもが大人になった時、地球環境はどうなっているのだろうかと考えてきた。親の立場で支えたい」とメンバーが語っていたそうです。これだけSNSが発達しているから、北欧の1人の少女の運動が、このように各国の若者たちに広がったのだと思います。

各地で語られているように、温暖化を防止し、地球をよりよい状態で次の世代に手渡すのは、大人の責任だと思います。日本は技術などはあるのに、温暖化防止に消極的で、環境NGOからは、毎回のように「化石賞」という、ありがたくない賞を受けています。

目先のことばかりでなく、地球環境のことに真剣に取り組むよう、若い人たちが活動することは、各国政府を動かす原動力になると思います。

あわせて読みたい

「地球温暖化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  4. 4

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  5. 5

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  10. 10

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。