記事

都心で急増する"金遣いの荒い若者"の正体

1/2

■「××離れ」とは真逆の若者の存在感が増している

日本は格差社会です。そう言っても、同意する人は少ないかもしれません。たしかに1990年代後半に出てきた「格差社会」という言葉は、最近あまり聞かなくなりました。しかし、SMBCコンシューマーファイナンスの調査によると、30~40代の23%が「貯蓄0円」だといいます。格差は存在します。ただ、見えづらくなっているのです。

写真はイメージです(写真=iStock.com/bernardbodo)

2013年10月、私は『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』(KADOKAWA)という著書で、不況下の日本しか知らないため消費意欲に乏しい若者を「さとり世代」と名付けました。実際、「若者のクルマ離れ」「お酒離れ」「海外旅行離れ」など、ここ数年「若年消費が減退している」とよく聞かれます。

しかし現在、景気は回復基調にあります。若者の就職率は年々アップして、2018年の有効求人倍率は1.61倍。これはバブル期のピークである1.46倍を越える「超ウルトラ売り手市場」です。「少子化×労働力不足」によって、働き手としての若者たちは「金の卵」化しました。一部の若者は昔ほど「窮乏」していません。

■消費意欲が旺盛な若者「アクティブ・ミレニアルズ」

そんななか私は、ここ1、2年で、消費意欲の高い若者の存在感が高まっていることに気づき、彼らを“アクティブ・ミレニアルズ”と名付けました。“ミレニアルズ”とは、主にアメリカで言われているミレニアルズ世代(1980~2000年初期に生まれた若者たち。多感な時期からIT、SNS、スマホなどに慣れ親しんでいるため、デジタルネイティブとも呼ばれる)のことです。

アクティブ・ミレニアルズは「さとり世代」とは対照的に、消費意欲が旺盛で活動的(アクティブ)です。そのおおまかなイメージは「東京の大企業に勤める20代で、年収の中心帯は600万円から800万円」といったところ。転職サイト「doda(デューダ)」の調査によると、20代の平均年収は346万円で、600万円から800万円はたった2.8%(600万円以上すべてでは3.4%)ですから、かなりの高給取りということになります。

図表=転職サイトdoda「平均年収ランキング」より編集部で作成

そこで私は、アクティブ・ミレニアルズに該当する24~30歳の社会人男女16人を4グループに分け、それぞれ3時間を超えるグループインタビューを行いました。彼らの職業は銀行、証券、保険、商社、IT、広告代理店など。一般企業を勤務を経て父親の経営する会社に入社した男性や、アナウンサーを目指して芸能事務所に所属している女性もいました。今回は、この調査からわかったアクティブ・ミレニアルズの「4つの特徴」をお伝えします。

なお、彼らがどれくらいの金銭感覚を持っているかの目安としては、以下の発言からうかがい知れるでしょう。

「普段使ってもいい1回の食事代上限は3万~3万5000円」(証券・男)

「恵比寿の16万円のマンションに独り暮らし」(IT・男)

「40代で年収550万円より下の人は、自分の周囲にいない」(広告代理店・女)

「今は年収1000万円。いずれ1億は行きたいが、サラリーマンでは無理なので、会社を辞めて起業したい」(広告代理店・男)

日本のサラリーマンの平均給与からはかけ離れた金銭感覚と言うことができると思いますが、「自分の周囲にいない」という発言からも、日本が欧米のような階級社会に向かいつつあることを示していると言えるかもしれません。

■【特徴1】グローバルマインドの持ち主

「若者の海外旅行離れ」の風潮に反し、アクティブ・ミレニアルズは海外旅行によく行きます。場所は韓国・台湾・東南アジアといった近場だけではなく、メキシコやキューバといった中南米、ギリシャやマルタといった地中海周辺、モスクワ、中にはアフリカのタンザニアに新婚旅行に行った、という強者もいました。頻度も高く、「年に2、3回」は珍しくありません。「旅行の目的は非日常。皆が行かない過酷な場所に行くという自分の精神力を試したい」(IT・男)という声も。

アクティブ・ミレニアルズは帰国子女率が高いこともあり、グローバルトレンドには敏感です。国内マスメディアを通じて発信される国内トレンドより、ネット情報や海外在住の友人のSNSなどを通じて得られる世界の流行を常に追いかけており、本国とのトレンド時差がありません。また、日本の地上波テレビ番組はあまり視聴せず、余暇時間はNetflixとAmazonプライムで海外ドラマやバラエティ番組をみる人が多かったのも特徴です。

面白いのは、海外経験が豊富なアクティブ・ミレニアルズほど、ある種の“愛国心”が強いという点。「結局、一周してスーツは三越で買っている」(証券・男)、「時計はセイコー」(商社・男)、「ひととおり海外に行ったので、今は国内旅行に興味がある」(商社・男)など。「浴びるように海外文化に触れたことで、日本の良さを再発見した」ということなのかもしれません。

■【特徴2】タバコ、車、時計に金を使う

若者の喫煙率は年々下がっています。JTの調査(2018年全国たばこ喫煙者率調査)によると、年代別で最も喫煙率が高いのは40代で男性35.5%、女性13.6%。20代はほかの世代より喫煙率が低く、男性23.3%、女性6.6%でした。一方、20年前の1998年は、20代の喫煙率が世代別で最も高く、男性は63.7%、女性は23.5%でした。若者の「たばこ離れ」は顕著です。

しかし今回調査したアクティブ・ミレニアルズ16人のうち、喫煙者は13人(女性含む)もいました。若者の酒離れが進んでいると言われるなか、飲酒率も総じて高い傾向にあります。若者の嗜好品消費はこの10年大きく減じていますが、アクティブ・ミレニアルズこれらを文化、文字どおり“嗜(たしな)み”として積極的に楽しもうとする姿勢が見て取れます。

また、「若者の車離れ」がこれだけ叫ばれ、カーシェアもレンタカーも豊富に利用できる状況にありながら、車の所有欲が高いのも特徴です。車の所有欲が高いのはマイルドヤンキーも同じですが、マイルドヤンキーの志向は「国産ミニバンで近場に行く」。

しかしアクティブ・ミレニアルズは「外国製の高級SUVでアウトドア目的の遠出をする」という志向が特徴的です。さらに、1980年代バブル期の若者にあった「高級車を所有しているステータス自体に満足」というマインドではなく、実際に車を使い倒しているという点がポイントです。

あわせて読みたい

「若者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  5. 5

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  7. 7

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  8. 8

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    LIXIL社長 論点すり替えで復権

    大関暁夫

  10. 10

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。