記事

【福岡県】「若い女性が子どもを生み育てたいかどうかが、町の未来を決める」玉木代表


 玉木雄一郎代表は16日午後、古賀之士参院議員ととともに福岡県内各所で遊説を行った。春日原駅前では内野明浩春日市議、野尻尚義県議候補予定者、大橋駅前では稲富修二衆院議員、太田京子県議、近藤里美福岡市議、西鉄久留米駅前では中村誠治県議、古賀敏久久留米市議らとともに、国民生活と民主主義を守るために国民民主党候補への支援を訴えた(写真上は大橋駅前で演説する玉木代表)。

 玉木代表は、2040年になると日本の自治体の半数が消滅するという数年前に発表された衝撃的なレポートに触れながら、いかに町を発展させていくかについて語った。「消滅すると言われる自治体と生き残る自治体とで何が違うのか。ポイントはたった1つだ。出産の中心的存在である20代、30代、40代前半の女性が町にどれだけ残るか、居続けるか。これが町の存続を決める一番の要因だということがレポートの一番の根幹のメッセージだ。つまり町が発展しようと思ったら、20代や30代の若い女性がそこに住み続けたい、いったん町を出ても、そこに戻って子どもを生み育てたい、その地で家族を持ちたいと思うかどうかが、町の未来を決める一番大きな要素になってきている。だからこそ、これからの政治の最前線には女性が必要だ」と説いた。

内野明浩春日市議

野尻尚義県議候補予定者

太田京子県議

近藤里美福岡市議

左から中村誠治県議、玉木代表、古賀敏久久留米市議

古賀之士参院議員

稲富修二衆院議員

春日原駅前

大橋駅前

久留米駅前

あわせて読みたい

「国民民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  2. 2

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  3. 3

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  4. 4

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  5. 5

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  6. 6

    参院選 共産党の変革ぶりに驚き

    早川忠孝

  7. 7

    タピオカ店店員「飲みたくない」

    文春オンライン

  8. 8

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  9. 9

    橋下氏 侮辱なければ日韓対立OK

    AbemaTIMES

  10. 10

    吉本問題 芸人らの仲裁が最適解

    山口利昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。