記事

【福岡県】「若い女性が子どもを生み育てたいかどうかが、町の未来を決める」玉木代表


 玉木雄一郎代表は16日午後、古賀之士参院議員ととともに福岡県内各所で遊説を行った。春日原駅前では内野明浩春日市議、野尻尚義県議候補予定者、大橋駅前では稲富修二衆院議員、太田京子県議、近藤里美福岡市議、西鉄久留米駅前では中村誠治県議、古賀敏久久留米市議らとともに、国民生活と民主主義を守るために国民民主党候補への支援を訴えた(写真上は大橋駅前で演説する玉木代表)。

 玉木代表は、2040年になると日本の自治体の半数が消滅するという数年前に発表された衝撃的なレポートに触れながら、いかに町を発展させていくかについて語った。「消滅すると言われる自治体と生き残る自治体とで何が違うのか。ポイントはたった1つだ。出産の中心的存在である20代、30代、40代前半の女性が町にどれだけ残るか、居続けるか。これが町の存続を決める一番の要因だということがレポートの一番の根幹のメッセージだ。つまり町が発展しようと思ったら、20代や30代の若い女性がそこに住み続けたい、いったん町を出ても、そこに戻って子どもを生み育てたい、その地で家族を持ちたいと思うかどうかが、町の未来を決める一番大きな要素になってきている。だからこそ、これからの政治の最前線には女性が必要だ」と説いた。

内野明浩春日市議

野尻尚義県議候補予定者

太田京子県議

近藤里美福岡市議

左から中村誠治県議、玉木代表、古賀敏久久留米市議

古賀之士参院議員

稲富修二衆院議員

春日原駅前

大橋駅前

久留米駅前

あわせて読みたい

「国民民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。