記事

これぞマッチポンプ。

13日の夕方から翌朝にかけて、巷を駆け抜けたホットニュース。

「政府・自民党は13日、違法ダウンロードへの規制を強める著作権法改正案の今国会提出を見送ると決めた。今夏の参院選を控え、規制に反発するネット世論に配慮した。規制対象を広げる内容に利益が保護される著作権者側から「ネット利用を萎縮させる」と異論が噴出。安倍晋三首相の政権運営への悪影響を懸念した甘利明選挙対策委員長が見送りを主導した。」(日本経済新聞2019年3月14日付朝刊・第2面)

以前のエントリーでも取り上げたように、今回のダウンロード規制に関しては、文化庁がずいぶん焦った動きをしているな、というのが率直な印象だった。

k-houmu-sensi2005.hatenablog.com

なので、動きが止まること自体は起きても不思議ではなかったのだが、自民党の部会での審査をいったんは通過した法案が総務会レベルで差し戻され、国会提出を見送られる、というのは、少なくとも知財関係法案ではかなり異例のこと。

「甘利氏は西村氏や柴山昌彦文科相らへの根回しの過程で、参院選を念頭に「へたに説得を続けても過熱するばかりで誤解が誤解を呼ぶ。丁寧に議論を積み上げ直すべきだ」と訴えた。」(同上)

などとまで書かれているのを見ると、かつて特定の利益集団の側によりがちだった著作権政策が、遂により広い有権者の意思に左右されるものになってきたのか!と、京俊介先生に改めて分析をお願いしたい気分になってくる。

k-houmu-sensi2005.hatenablog.com

そして、SNS上では、この結果を受けて、国会議員や、その発言を見聞きした一部の人たちが「さすが自民党」的なコメントの書き込みまで見かけるのだけど・・・

冷静に考え直すまでもなく、今回の著作権法改正は、昨年来盛り上がっていた「海賊版対策」の政策の流れの中に位置づけられるものだし、一部の「人権」オリエンテッドな有識者の抵抗にあって「サイトブロッキング」が頓挫したのを受けて、文化庁が拾って政策のバスケットの中に突っ込んだものである。

だから、こういった大きな政策の流れの源流を遡っていいけば、首相官邸や総理に近い議員たちの名前も当然出てくるわけで、先ほどの日経紙の記事に出てくる甘利議員にしても、元々は熱心な旗振り役だったはず。

だとしたら、自民党の総務会で差し戻しになった、といったところで、所詮はマッチポンプじゃないか、と思わずにはいられない。

筆者自身、「拙速な改正見送り」という方向性には全く異論ないところだが、今回の不可思議な立法プロセスを見てしまうと、短期間とはいえ、審議会でそれなりの時間をかけて結論を出した意味がまた薄れてしまうような気がして、複雑な思いで眺めているところである。

あわせて読みたい

「違法ダウンロード」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    カルビ並と上 違いは見た目だけ?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    宇垣アナ「基本人生は悲しい」

    キャリコネニュース

  3. 3

    住民が語るソープ街・吉原の現在

    フリート横田・渡辺豪

  4. 4

    和田政宗氏 文春記事に抗戦宣言

    和田政宗

  5. 5

    日本による韓国の提案瞬殺は当然

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    山本太郎氏のバラマキ路線は危険

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    舛添氏「韓国は話にならない」

    舛添要一

  8. 8

    韓国が日韓企業の徴用工賠償提案

    ロイター

  9. 9

    安全ピンで撃退OK? 警察に聞いた

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    長文ビジネスメールに外国人困惑

    サイボウズ式

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。