記事

少子化対策:子ども達、子育て世代を応援

今週「子ども・子育て支援法改正法案」の審議が始まりました。

今年の10月から、3歳から5歳までの全ての子どもたちの幼児教育・保育の無償化を柱とする法案で、小学校・中学校9年間の普通教育無償化以来、実に70年ぶりの大改革です。

安倍内閣では6年間で50万人を超える保育の受け皿を整備し、待機児童数は10年ぶりに2万人を下回るなど、少子化対策に力を注いできました。

今回の幼児教育・保育の無償化は、子育てや教育にかかる負担を大幅に軽減し、これまでとは次元の異なる政策を実行することにより、日本を子ども達を産み、育てやすい国へ大きく転換していくものです。

今年の10月から消費税率を2%引き上げるにあたり、かつては税収増の大部分を財政再建に回す計画でした。

この使い道を変更し、「生涯にわたる人格形成の基礎やその後の義務教育の基礎を培う」重要な時期である、

3歳から5歳までの全ての子どもたちの幼児教育・保育を一気に無償化します。

幼稚園や認可保育所、認定こども園に通っているお子さんについては、現在お支払いいただいている利用料が無料となります。

幼稚園の預かり保育や認可外保育施設でも、市町村に保育の必要性が認められれば月額の上限の範囲内で利用料が給付されます。

また、所得の低い世帯には0歳から2歳までの保育料も無償化されます。

同時に、所得の低い世帯を対象に返済不要の給付型奨学金を創設する「大学無償化法案」も審議入りしました。

現在の社会保障は高齢者中心となっています。

それを大きく転換し、わが国が直面する最大の壁である少子高齢化の克服に向け、

子ども達、子育て世代に大胆に投資してまいります。

あわせて読みたい

「幼児教育無償化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  5. 5

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  7. 7

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  8. 8

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    LIXIL社長 論点すり替えで復権

    大関暁夫

  10. 10

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。