記事

街で声かけする自称芸能プロの大半は夜の街への斡旋が本業

1/2
自分の写真が見知らぬ芸能プロHPに…

 スマホという便利なものがあるのだから、それで検索して調べることはよいことだ。ネット上の検索結果をみて、立派なホームページがあれば大丈夫だと信頼してしまうのは早計だ。春休みなど、休みを利用して繁華街へやってきた女性を狙う悪質スカウトには、ホームページだけきれいに整えて芸能プロダクションのフリをするグループがいる。ライターの森鷹久氏が、自称芸能プロダクションの手口についてレポートする。

 * * *
「原宿を歩いていた時にスカウトされました。資料用といって写真を撮られましたが、個人情報を渡すのが怖くて住所も電話番号も教えていません。なのになぜ…」

 こう話すのは、首都圏在住の女子高生・エイミさん(17)。原宿だけではない、新宿や渋谷を歩けば必ずといっていいほど芸能系スカウト声をかけられるという彼女だから、自然とスカウトを見抜く目も鍛えられたのか。話してひっかかるところがあった相手には、慎重に対応するようになっていた。そんな彼女に2月下旬、原宿で声をかけてきたのは芸能事務所「X」のスカウトを名乗る田川という男性だった。

「名刺を差し出してきて、タブレットを使い、その場で事務所のホームページ、所属している女の子のツイッターアカウントまで見せられた。どれも偽者っぽくないし、実在する女の子っぽかったし…。登録料など、絶対にお金はかからないというので話だけ聞いていたけど、考えておくというと、電話番号と住所をしつこく聞かれました。ラインでいいですかって聞いても番号じゃないとダメだといわれて…」(エイミさん)

 これまで、様々な悪徳芸能事務所やそのスカウトに関わる取材を続けてきた筆者だが、エイミさんが気を許し、写真を撮らせたのはまずかった。というのも、写真が転売され、出会い系サイトの広告やサクラ用の写真に使われることはよくあることだからだ。かつては、ファッションビル・渋谷109の前で雑誌のファッションスナップを名乗り、出会い系サイト用の写真を撮影しまくっていた連中もいた。電話番号などの個人情報を渡さなかったことは正解だが、案の定、エイミさんの写真は件の芸能事務所のホームページに無断でアップされていたのだ。

「その時一緒にいた友人のママから連絡がありました。いかにも“当事務所に所属しています”みたいな書き方がされていて、名前も年齢もデタラメ。事務所に電話し抗議するとすぐに消されましたが気持ち悪くて…」(エイミさん)

 都内の大手プロダクション関係者・増田洋一さん(仮名・30代)は、このような得体の知れない芸能事務所が、SNSの発達とともに増えていると指摘する。

「芸能事務所の立ち上げなんて、言ったもん勝ちなんです。適当にホームページ作って、街角で適当なこと言って女の子の写真撮ってきて載せれば、それっぽいモノはいくらでも作れる。今度はそれを見せてスカウトすれば、インチキじゃないのかも知れないと思って女の子が引っかかる」(増田さん)

あわせて読みたい

「詐欺」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  5. 5

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  6. 6

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  10. 10

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。