記事

GENKINGは「いいね!」欲しさに1000万円のローン…ネットショッピングで身近になった「買い物依存」とは

1/2

 「自分へのご褒美」「ストレス発散」「限定品だから」、そんな風に自分に言い聞かせながら、つい買い物をしてしまった経験はないだろうか。

 そんな買い物を続けた結果、「買い物依存」になって借金を抱えるなど、気づいた時には取り返しがつかない事態に陥ってしまう人もいるという。しかもネットショッピングが普及した今、買い物依存はより身近な問題になっているのだ。

 実際、ネットショッピングを利用する人数もクレジットカードの利用率も年々上昇しており、世帯あたりのネットショッピング平均利用額は、2009年には2万1729円だったのが、2018年には3万2056円になっている。


 また、カードを持っていない若い世代でも利用可能な、支払いを後回しにできる"ツケ払い"も人気を呼んでいる、利用額の上限は決まっているものの、クレジットカードよりも審査は簡単だという。街で話を聞いてみると、「ツケ払いでヤバいことになりかけたことがあった。催促のハガキが来た」。「1回だけ使ったことがある。お金が間に合わない時だったけど、"やばい!欲しい"って掻き立てて」という若い人たちもいた。

■GENKING「"かわいいね"と言われるために投資してしまった」

 タレントのGENKINGも、SNSで「いいね!」をもらうために買い物を繰り返し、1000万円以上のローンを背負った経験を持つ。


 「ファッションや美容が好きだったのでInstagramなどに写真をシェアし始めたところ、だんだん"いいね!"が付くようになって、ファッションパーティに呼ばれるようになって、そうするとラグジュアリーなハイブランドからパーティに呼ばれたたりとか。そうすると、そのブランドを持っていなかったり身につけていなかったりすると呼ばれないと感じて、買い始めて癖になった。一度クレジットカードを登録しちゃうと決済ページまですぐいけちゃうので、買っている感じがしない。めちゃめちゃポチポチしていた。で、家に帰ったら宅配ボックスにモノが届いていて、翌日それを着た。そして写真をアップして、また呼ばれて撮影して。ファッションは毎月新作が出るし、すぐに欲しくなる。でも、載せたら2回目、3回目は着ないので、売ってまた買うみたいな。芸能人になりたい、絶対になるんだということで投資していった。その時はまだ女の子じゃなかったから、そういうストレスもあった。SNSだとかっこよく演じられるし、別人になれる。知らない人とかから"かわいいね"と言われるために投資してしまう。ある程度まで使っちゃうと、もうリボ払いでずっと常に払っていくから、限度額が貯金額。麻痺してくる。支払いが遅れたことがないので、限度額もどんどん上がっちゃう。そうするとカードがまた作れちゃうし、カードのランクを上げたいから"あと50万円買ったらこの上がる"と買ってしまった」。


 GENKINGが買っていった品々を見てみると、シャネルの時計・約180万円、ロレックスの時計とクロムハーツのブレスレット・約210万円、エルメスのバーキンにクロムハーツ・約200万円、カルティエのブレスレット・計約400万円、iPhone純金カスタム・約100万円など、非常に高価なものばかりだ。「私は成功例というか、運が良かった。借金もしたけど、1年後には芸能界に入れたので、1年で返せた」。


 さらにGENKINGは片道だけビジネスクラスで移動したり、海外で1泊だけ高級ホテルに泊まったりするなど、「いいね!」欲しさに様々なことを「ブランディング」としてやっていったという。

あわせて読みたい

「ネットショッピング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 なぜ休日増やすのか

    小林よしのり

  2. 2

    朝日の信頼度 今年も全国紙最低

    島田範正

  3. 3

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  4. 4

    雅子さまと明暗分かれた紀子さま

    NEWSポストセブン

  5. 5

    政府は香港を守る活動に関与せよ

    やまもといちろう

  6. 6

    老後2000万円批判は大人の居直り

    AbemaTIMES

  7. 7

    本物のバニラアイスが希少な理由

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  8. 8

    大阪警官刺傷 子ども移動控えて

    橋下徹

  9. 9

    番組に意見を言わぬタモリの教え

    文春オンライン

  10. 10

    イランが日本船を狙うのは可能か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。