記事

怒号、突き飛ばし、転倒…。肝心の議会改革は「数の力」で押し切らない、都民ファのダブルスタンダード

1/2

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

大混乱!東京都議会が空転 議員同士で小競り合いも(MX)
https://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.php?date=46513686
【報ステ】都議会大荒れ 知事側近の参考人招致で…
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000149900.html

各種メディアが大きく取り上げた通り、昨日の都議会・予算特別委員会は大荒れのまま、解決をみることなく強引に終了されました。

顛末は会派総会動画でも解説している通りですが、映像は見ない方々のためにブログでもかいつまんで説明したいと思います。

ことの発端は、自民党が小島敏郎・元東京都特別顧問の参考人招致を求めたことです。

小島敏郎氏は知事の側近として築地市場移転問題に深く関わり、現在は都民ファーストの会東京都議団の政策顧問を務めている人物です。

築地市場移転において、小池知事の基本方針はなぜ変節したのか、今後の跡地活用プランを知事がどう考えているかを知る上で、欠かすことのできないキーパーソンの一人と言われています。

知事の説明に多くの都民が納得していない状況ですから、こうした人物に参考人招致を求めるのは当然のことです。

ここで、知事を守りたい・参考人招致など余計なことをしたくない知事与党(都民ファ・公明)と自民・共産などの野党が対立。

まあここまでは、はっきり言って「よくあること」だと思います。与党・野党はそれぞれ立場も思惑も異なりますから、主張が食い違うのは当然のことです。

問題はここから。

自民党・共産党が「対応を協議中」として予算特別委員会・理事会に現れない状態のまま、委員長会派(都民ファーストの会)が議事進行を強行。参考人招致を棚上げしたまま、委員会を進めようと試みます。

以前に財政委員会が大揉めしているときに解説した通り、都議会においては協議の場である理事会は「全会一致」が大原則です。

しかし都民ファーストの会は、複数会派が不在のまま理事会を強制終了させ、強引に始めた委員会においても、それを止めるために提出された「緊急動議(委員長不信任案など)」を次々と数の力で「強行否決」をして突き進みました。

都議会では、委員長不信任案など重大な「緊急動議」が出された際には、対応協議のため理事会を開くことが慣例ルールになっていますが、それもすべて無視。

それだけ強引な運営をすれば、野党が猛反発するのも当たり前の話で、冒頭の乱闘騒ぎに発展。

われわれ維新・あたらしい・無所属の会としても、自民・共産とは立場が異なるものの、いったん退席して議長や議会運営委員長などに抗議を申し入れました(その後、審議に復帰)。

あわせて読みたい

「都民ファーストの会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  3. 3

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  4. 4

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    2000万円貯金して個人消費は無理

    毒蝮三太夫

  6. 6

    アクセル踏み間違い根絶に有効策

    志村建世

  7. 7

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  8. 8

    日韓世論で温度差 相手国の印象

    WEDGE Infinity

  9. 9

    年金不安を煽る金融庁は猛省せよ

    深谷隆司

  10. 10

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。