記事

【ピエール瀧逮捕】電気グルーヴの配信停止で「CDはまだ必要」の声 「オールドメディア回帰の流れが顕在化」と識者

AppleMusicでは1月発売のアルバムが「利用できません」

ピエール瀧(51)の逮捕からの一連の自粛を受け、もはや"オールドメディア"となっていたCDを見直す動きが一部で起きている。

瀧容疑者は3月12日に逮捕され、翌13日には電気グルーヴのCD回収・配信停止などが発表された。Apple Musicでは15日現在、電気グルーヴのアーティストページは確認できるが、瀧容疑者名義でない数曲を除き、再生できない状態となっている。今年1月発売のアルバム「30」のストリーミング再生を試みると、「アイテムを利用できません」と表示された。

作品停止・回収はやりすぎ? ASKA逮捕のときも「CD買わなきゃ」の声

購入・ダウンロード済であれば視聴はできるようだが、せっかく料金を払っているのにお目当ての楽曲が聞けなくてやってられない。それならCDで手元に置いておけばよかった、という人も多いだろう。

ツイッターでも「今回の電気の件でやっぱりCDはまだ必要だなと再認識」というコメントが多く寄せられている。

ITジャーナリストの井上トシユキさんは「近年、定額制配信サービス(サブスクリプション、以下サブスク)が普及していますが、まだCDにも利点はあります」と説明する。

インプレス総合研究所の調査によると、音楽のサブスク有料プランを利用している人は14.1%で、年々増加傾向にある。しかしサブスクだと、権利の関係上、「音楽の貸し借り」が出来ない。一方、CDは手軽に友人に貸すことができるといった良さを感じる人が少なくはないという。

「サブスク普及のためか、昨年ごろはヤフオクなどでアーティストCDが結構安く購入できる状況でした。また音楽好きの中には、テープの録音を逆にデジタルに変換し直す人もいます。今回のサブスク配信停止でオールドメディア回帰がより顕在化したとも言えます」

「CHAGE and ASKA」のASKAさんが2014年に逮捕されたときも似たようなことがあった。グループ及びソロ名義の作品は出荷停止となり、デジタルも配信停止になった。井上さんは「当時もネットで『CD買わなきゃ』という声が多く上がっていました」と語る。

電気グルーヴの出荷・配信停止などについて、音楽家の坂本龍一さんもツイッターで「なんのための自粛ですか?」「音楽に罪はない」と異議を唱えている。ネット上でも、この対応はやりすぎなのではないかという声も上がっている。自粛について、井上さんは

「メーカーからすれば、売り続けると『犯罪者の作品で金儲けしているのか』と炎上し、イメージダウンする可能性があります。そうすれば株価も下がり、株主から経営責任を問われることでしょう。安全策として出荷・配信停止や回収をしているのではないでしょうか」

と見解を示した。

あわせて読みたい

「ピエール瀧」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東大名誉教授「南海地震は神話」

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    パチンコはなぜ上場できないのか

    宇佐美典也

  3. 3

    飲食店ドタキャンで損するのは客

    BLOGOS編集部

  4. 4

    ソニーの失態はFeliCaの海外展開

    川北英隆

  5. 5

    増加する国債残高 突然の破綻も

    青山まさゆき

  6. 6

    ハズキルーペがフジからCM撤退へ

    文春オンライン

  7. 7

    破産者マップ閉鎖 倫理的に問題

    AbemaTIMES

  8. 8

    東京新聞記者から逃げる最弱政権

    常見陽平

  9. 9

    朝日記者が森友問題巡りご飯論法

    和田政宗

  10. 10

    大阪W選 橋下氏が自民候補を称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。