記事

浮気率圧倒的1位の埼玉県 背景にバブル世代の影響も?

なぜ埼玉は不貞を働く人が多いのか


 大手避妊具メーカー・相模ゴム工業が、日本の性に関する大規模調査を発表した。この調査は男女1万4000人を対象に行なわれたものだが、浮気に関する項目では、バラエティ豊かな県民性が明らかになった。

◆浮気率1位の“翔んでる埼玉”

「浮気率」で2位(京都府・25.63%)に約6ポイントの大差をつけ、31.03%でぶっちぎりの1位だったのが埼玉県だ。現在、映画『翔んで埼玉』が大ヒット中。そこでユーモアを交えて描かれる“卑屈な県民性”からは想像できない奔放さだ。『おんなの県民性』(光文社新書)の著者でマーケティングコンサルタントの矢野新一氏はこう分析する。

「これは想定内の結果です。私がかつて調査した時も埼玉の浮気率は1位でした。バブル時代に独身を謳歌していた世代は、結婚後、住宅事情から埼玉や千葉に住んでいるケースが多い。その世代が子育てを終えてから、再び羽を広げ始めているのではないか。今回の調査では、千葉県の浮気率も6位(23.18%)と高かった」

●「京美人」は浮気に寛容?

 浮気率で埼玉県に次ぐ2位となったのが京都府だ。同調査では、男女別の浮気率も算出している。京都府の浮気率を男女別に見ると、女性が16.81%(全国15位)なのに対して、男性は34.45%(全国2位)。男性の浮気率が高いことが分かる。京都妻は夫の不倫に寛容ということなのだろうか。

「日本3大美人に数えられる京女は“はんなり”という言葉に象徴されるように上品で穏やか。保守的で、夫を立てる傾向もある。だから男性は羽を伸ばしやすいのかもしれませんが、京都の女性はなかなか本音を見せないのも事実。浮気の事実を知っても“泳がせている”だけなのかもしれませんよ」(同前)

※週刊ポスト2019年3月22日号

あわせて読みたい

「埼玉県」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アダルト分野で素顔を晒す是非

    工藤まおり

  2. 2

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  3. 3

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工問題避けたい文政権の本音

    文春オンライン

  5. 5

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  6. 6

    宗男氏 枝野氏の趣旨弁明に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    銀行員のジーパン勤務OKに大賛成

    川北英隆

  8. 8

    韓国が国際法守ればG20会談実現

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    今治タオル企業がネットの噂否定

    キャリコネニュース

  10. 10

    安倍内閣の数え切れぬ不信任理由

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。