記事

日経平均は3日ぶり反発、円安や上海株高を好感 2万1500円台では戻り圧力


[東京 15日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。為替が円安基調で推移したことでハイテク、自動車などの輸出株に買いが先行。上海株高も安心材料になり、一時234円高まで上昇した。だが、節目の2万1500円を超えると戻り待ちの売りが優勢になった。米中通商協議の早期合意に対する不透明感がくすぶる中、上値を買う投資主体は見当たらず、大引けにかけては高値圏で一進一退の展開だった。

TOPIXは0.90%高で取引を終了。東証1部の売買代金は2兆7889億円だった。東証33業種のうち、値上がり率上位には、鉱業、その他製品、繊維、医薬品、銀行などが入った。値下がりは海運、非鉄金属の2業種のみだった。市場では「米中首脳会談が当初想定されていた3月末に開催されないことが明らかになり、米中交渉が順調に進展しているのか疑念が残る。現物市場では海外勢の動きも鈍く上値の重さが感じられる」(ちばぎん証券顧問の安藤富士男氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、デサント<8114.T>が反発した。報道各社は、14日に終了した伊藤忠商事<8001.T>によるTOB(株式公開買い付け)の結果、伊藤忠のデサント株保有比率が40%に達したもようと伝えている。市場では過半数まで買い増すとの思惑が広がった。半面、正栄食品工業<8079.T>が大幅安。同社は14日、2018年11―19年1月期の連結純利益が前年同期比28.4%減になったと発表した。低調な決算が嫌気された。

東証1部の騰落数は、値上がり1434銘柄に対し、値下がりが634銘柄、変わらずが68銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      21450.85 +163.83

寄り付き    21376.73

安値/高値   21374.85─21521.68

TOPIX<.TOPX>

終値       1602.63 +14.34

寄り付き     1595.02

安値/高値    1594.39─1607.1

東証出来高(万株) 148329

東証売買代金(億円) 27889.04

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。