記事

ソニー、インドで東京五輪の放映権獲得=IOC


[ムンバイ 14日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は14日、ソニー<6758.T>傘下のソニー・ピクチャーズ・ネットワークス・インディア(SPN)が2020年の東京オリンピックのインド亜大陸での放映権を獲得したと発表した。

SPNは、2020年にスイスのローザンヌで開催される冬季ユースオリンピックも放映する。

インドの巨大市場は、スポンサー企業や広告会社にとり魅力が大きい。

IOCのバッハ会長は声明で「スポーツとメディア市場の力強さを踏まえると、インドとインド亜大陸は、オリンピック放映においては重要な戦略的地域だ」と述べ「IOCは2020年の東京オリンピックとユースオリンピックの最良の放送をこの地域のファンに届けるため、SPNと協力できることをうれしく思う」とコメントした。

IOCとSPNは、ソニーのデジタルプラットフォーム「SonyLIV」で常設のオリンピックチャンネルを作る計画。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

  3. 3

    韓国議員が米有力紙で日本を非難

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  4. 4

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  6. 6

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  7. 7

    山本太郎氏はYouTubeに力入れよ

    かさこ

  8. 8

    早実 性動画の拡散で大会辞退か

    文春オンライン

  9. 9

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    韓国で身内を守る嘘が溢れる背景

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。