記事

【米大統領のケータイ】

トランプ大統領は14日、アイルランドの首相との会談の撮影の際に12分にわたって記者団の質問に答えました。

こうやって国民に直接語り掛けるトランプ大統領は、“直接対話”がお好き。

各国の首脳にも外交ルートをすっ飛ばして直接電話するよう推奨しているということです。そんなトランプ大統領の2期目を阻止しようとついにBetoが野党民主党から立候補することを表明しました。



WSJはTalk to Trump, Skip the Diplomats; World Leaders’ New US Tactic(外交ルートをすっ飛ばしてトランプに直談判:各国首脳の新たな対米戦略)の中で、「各国の首脳は、アメリカの考えていることを確認するための新たなルートを見つけた。トップと直接話すこと」と報じています。

機転の利く首脳は、通常の外交ルートを通さずに直接トランプ大統領に連絡をしており、北朝鮮のキム・ジョンウンの委員長、トルコのエルドアン大統領、ロシアのプーチン大統領はいずれも中間層を切り捨ててトランプ大統領と直接話しているということです。

トランプ大統領はこうしたやり方を推奨し、カナダのトルドー首相やフランスのマクロン大統領がトランプ大統領の個人ケータイ番号を持っていて官僚外しをしているということですが、外交上の混乱を招いているとしています。

APはMnuchin says he”ll protect Trump privacy if taxes requested(ムニューシン財務長官、トランプの税制申告を求められればプライバシーを守る)の中でムニューシン財務長官が14日、議会下院の歳入委員会で、トランプ大統領の税制申告を求められた場合の対応を聞かれ、プライバシー保護を理由に提出しないという考えを示したと報じています。

トランプ大統領を守っているのはこうした忠実な部下だというわけです。

民主党のリチャード・ニール委員長が近く、正式に要請するということですが、財務長官に税制申告を書面で要請できるという1924年に成立した法律で要請できるのはニール氏を含めて3人のみだということです。

民主党は議会による大統領のチェック機能の一環で飛鳥だと主張しています。

New York Timesは、テキサス州出身の46歳の前下院議員のBeto O’Rourkeが14日、動画メッセージで大統領選挙に出馬することを表明したと報じています。

オルーク氏は去年、テキサス州の上院議員に立候補し、現職のテッド・クルーズ氏と激しい接戦を繰り広げた結果敗れました。通称ベトは、予備選挙が最初に開かれるアイオワ州で3日間を過ごすということす。

反応を求められたトランプ大統領は「(オルーク氏は)手をよく動かすよね。あんなによく手を動かす人は見たことがない。あれはクレージーなのか、日ごろからそういう人なのか」と答えたそうです。

オルーク氏は、夜中にハンバーガーショップに行ったり、駐車場でスケボーに乗ったり、かつてのバンド仲間と思い出を語る様子がテキサス州以外にも人個を集めているということです。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。