記事

日比谷高校“まさかの”2次募集 なぜか学芸大附属校長が「不適切表現で反省」のワケ 「公立高校は辞退できない」という不文律はアリなのか - おおたとしまさ

 2019年3月4日、東京都立日比谷高校(以下、日比谷)が2次募集を行うと発表した。1次募集でも定員より多めに合格者を出していたが、予想以上に入学辞退者が出たためだ。このような事態は現行の都立高校入試制度になって初。

 都立・県立であれ、私立であれ、国立であれ、だいたいどこの学校も、他校に抜ける数を予測して、定員よりも多めの合格者を出す。その読みが難しい。単純に言えば、今回は東京学芸大学附属高校(以下、学大附属)が入試関連日程を変更した煽りを受けて、日比谷の読みが狂ったというだけの話である。

 昨年まで、学大附属の合格者は、公立高校の合格発表を待ってから入学手続きを行うことができたが、今年から、学大附属は、公立高校の合格発表の前に入学手続きを締め切ることにした。合格者の“囲い込み”である。しかし蓋を開けてみると、公立高校の合格発表後、予想以上の入学辞退者が出たようだ。

 学大附属の入学手続きには5万6400円が必要だ。決して安い額ではない。わざわざそれを払っておいて、公立高校に合格していたら公立に進むということは、公立高校が第1志望であり、学大附属が第2志望だということ。ここで「公立高校」とはほぼすなわち日比谷または神奈川県立横浜翠嵐高校(横浜翠嵐)のことである。

異例の2次募集を行った日比谷高校

東大合格者数で日比谷が学大附属に肩を並べた

 2018年の東大入試合格者数は学大附属49名、日比谷48名で完全に互角。数年前までは学大附属が“格上”とされていたが、日比谷が肩を並べたことで受験生の志望優先順位が変化した。横浜翠嵐は、東大の進学実績は学大附属や日比谷におよばないが、受験指導に熱心で、躍進校として注目を集めている。今回の混乱の前提として、これらの公立進学校の人気上昇がある。

 予想以上の入学辞退者が出てしまった学大附属は慌てて大量の「繰り上げ合格」を出した。日比谷はその煽りを食った形だ。

 学大附属と日比谷が相互に「抜き合っている」状態。それで入学者の「歩留まり」の読みが狂うのはいたしかたない。「日比谷の入試担当者には災難だった。学大附属にも事情があるし、結果的に混乱が生じてしまっただけである」。私はそうとらえていた。

火に油を注いだ学大附属のコメント

 しかし、である。3月8日配信のJ-CASTニュース記事「日比谷高校『異例の2次募集』の深層 東京受験戦争の裏側を解き明かす」(https://www.j-cast.com/2019/03/08352242.html)において掲載された学大附属のコメントに愕然とした。

 以下、抜粋引用。

<J-CASTニュース編集部が7日、学芸大附属高校に書面で取材を申し込んだところ、翌8日に大野弘学校長名義で次のように回答を得られた。

 入学手続きをしていただいた受験生は、転勤等のやむを得ない理由を除いて入学していだけるものと考えておりましたが、ネット上にあるように『入学金だけ出しておけば良い』というような指導が塾等でなされていたとすると残念なことです

 本校が第1志望であるなら、入学を辞退するとは考えておりませんし、本校が第1志望でないなら、入学手続きをしないと考えておりました>

「他校合格による入学辞退があることは考えておりません」

 ちなみに、学大附属は本年度の入試に先駆けてホームページで次のような態度を表明している。

■入学辞退について 

<(中略)入学料納入後は、(中略)「入学手続き完了後、保護者の転勤にともなう転居等」のやむを得ない事情が生じた場合以外、他校の合格等の理由による入学辞退があることは、本校としては考えておりません>

 ギリギリまで悩んで進学先を決め、納得できる形で受験を終えたいという受験生の切実な気持ちに寄り添う視点が感じられない。しかもネットの情報をもとに、今回の混乱が“塾のせい”であるかのような印象操作である。

 たとえば「日比谷がダメなら私立高校ではなく学大附属に行きたい」という受験生は多いはずだ。その場合、5万6400円という安くはないお金を払って学大附属の入学資格を確保しておいて、日比谷の結果を待つしかない。それを「ズル」だと言うのか。「うちに第2志望で来られても困るので、日比谷がダメなら第3志望か第4志望の私立高校にお行きください」というスタンスなのだろうか。

 “塾のせい”というのも見当外れである。ただ学大附属の合格実績がほしいだけなら、合格した時点で目的達成であり、入学手続きのために5万6400円も支払う必要はない。5万6400円を支払ったということは、公立高校がダメなら学大附属に進学したいと本気で思っているということだ。

では学大附属の真意は? 直接聞いてみた

 学大附属に文書にて質問した。質問内容と得られた回答は以下の通り。

【質問1】御校としては「第2志望なら入学手続きはしないはず」との考えを表明していますが、御校を第1志望としながら不合格になる受験生もたくさんいるはずです。彼らは第2志望あるいは第3志望の学校に進むことになります。御校は、その事実と、御校自身の「第2志望なら入学手続きはしないはず」というスタンスとの整合性をどうとらえているのでしょうか。

【質問2】御校に合格し、速やかに入学手続きをすませ、都立高校受験を見送った受験生の中にも、第1志望の私立高校で不合格になり、第2志望として御校への入学を決めた受験生が一定数いるはずです。私立不合格で御校第2志望の受験生と、都立不合格で御校第2志望の受験生は何が違うのでしょうか。どちらも歓迎されるべきではないでしょうか。

【質問3】塾が御校の合格実績を稼ぐためだけに、わざわざ5万6400円の入学金を支払うよう受験生に指導することは論理的に考えてあり得ません。入学金を支払ったあとに入学を辞退するケースがあるとすれば、それは都立高校が第1志望ではあるものの、そこが不合格であれば第2志望として御校に行きたいと本気で思っている受験生であるはずです。塾が受験生のその気持ちに寄り添い、「安くはない金額ですが、学大附属の入学手続きをしておいて、都立の結果を待ちましょう」とアドバイスすることはそれほど非難されるべきこととは私は思いません。

「入学手続きをしていただいた受験生は、転勤等のやむを得ない理由を除いて入学していだけるものと考えておりましたが、ネット上にあるように『入学金だけ出しておけば良い』というような指導が塾等でなされていたとすると残念なことです」という御校のコメントが報道されていますが、具体的に何が「残念」なのでしょうか。その真意を教えてください。

【学大附属からの回答】

【質問1と質問2について】

<本校が第2志望校等であって本校に入学する生徒に対して、不利益な対応をすることは全くありません。むしろ、その生徒たちが本校に進学してよかったと満足してもらえるように支援していきたいと思っております。>

【質問3について】

<先に述べた通り、不適切な内容であったと反省しております。本校を辞退した生徒にはそれなりに理由があったと思います。また、本校の入学手続きの変更に関しての周知が不十分だったこと等、本校が反省すべきことが多々あったと考えております。>

※回答全文は、画像参照のこと。

 私が質問状に込めた意味を理解してくれたうえで、意図的に論点をずらしているのならまだいい。今後何らかの改善があるかもしれないから。しかしもし私が質問状に込めた意味自体を理解してもらえなかったゆえのこの回答のなら、私は暗い気持ちになる。どちらなのかは、読者のみなさんに判断を委ねたい。

 銀杏の巨木が取り囲む荘厳な校舎に一歩足を踏み入れれば、東京第一師範学校以来の伝統の重みがずしりと伝わってくる。ちょっとやそっとのことでダメになる学校ではないはずだ。伝統校だからこその柔軟性と懐の深さを、ぜひこの機会に発揮してほしい。「学芸大学=リベラルアーツカレッジ」の名に恥じぬよう。

 私たちは今回の混乱を、高校入試制度のあり方そのものを問い直す機会ととらえるべきだろう。そもそも「公立高校は辞退できない」という不文律はアリなのか、都立高校はなぜ繰り上げ合格を出さないのか、など。最も大事なのは、受験生が悔いのない選択をできるようにすること。それが大人の役割であるはずだ。

(おおたとしまさ)

あわせて読みたい

「受験」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育を見下す自民の新託児ルール

    赤木智弘

  2. 2

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    イチローには国民栄誉賞など不要

    舛添要一

  4. 4

    失敗から学べない日本の敗戦否認

    内田樹

  5. 5

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

  6. 6

    納期のため品質を犠牲にする現場

    佐藤知一

  7. 7

    五木寛之氏 不況=自殺増ではない

    幻冬舎plus

  8. 8

    破産者マップ対応の弁護士を称賛

    最所義一

  9. 9

    朝ドラ人気ヒロイン のんが2位

    NEWSポストセブン

  10. 10

    意志を貫く佳子さまのダンス姿

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。