記事

3月14日(木)ムネオ日記

 昨日、17時から平成研究会(竹下派)のセミナー・パーティーが行われた。鈴木貴子代議士は昨年に続き司会を務めた。

 今朝の読売新聞は4面トップで、「竹下派融和 茂木氏走る 会長病気療養で不在 総裁選の亀裂修復に力」
 日本経済新聞は4面で、「竹下派総裁候補3人 茂木・小渕・加藤氏 派閥を超えた支持獲得カギ」
 産経新聞は5面トップで「竹下派統率 変わる茂木氏 トップ不在で若手掌握に汗」と出ている。

 派閥のパーティーがこれほど大きく扱われる事は珍しい。話題になるのは喜ばしい。特に茂木敏充経済再生相に大きな期待感が寄せられ、更に加藤勝信自民党総務会長にも目が向けられ、小渕優子代議士もその先のリーダーと目されている。平成研究会には人材がいるとつくづく思った次第だ。
 「一致結束・箱弁当」平成研を立ち上げる前に竹下登先生が、よく言われた言葉である。

 安倍総理をしっかり全力で支えていけば、その先、茂木氏を筆頭に平成研の面々の出番があるだろう。
 ここはいかに安倍政権に仕えるか、汗をかくかが将来に繋がる道である。平成研メンバーの日々の行いが大事である。
 安倍総理ならびに取り巻きの人たちは、よくよくアンテナを立てているものと私は考える。ここはきちんと陰徳を積んでいくことをおすすめしたい。それが明日への道である。

 米国ボーイング737MAX8型機がエチオピアのアディスアベバ郊外で墜落した事に関し、外国の航空各社では、同型機の運航停止が相次いでいるという。
 日本でこのボーイング737MAX8型機を使っている会社はないので問題はないが、安全には安全を期してほしいものである。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育を見下す自民の新託児ルール

    赤木智弘

  2. 2

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    イチローには国民栄誉賞など不要

    舛添要一

  4. 4

    失敗から学べない日本の敗戦否認

    内田樹

  5. 5

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

  6. 6

    納期のため品質を犠牲にする現場

    佐藤知一

  7. 7

    五木寛之氏 不況=自殺増ではない

    幻冬舎plus

  8. 8

    破産者マップ対応の弁護士を称賛

    最所義一

  9. 9

    朝ドラ人気ヒロイン のんが2位

    NEWSポストセブン

  10. 10

    意志を貫く佳子さまのダンス姿

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。