記事

『ボヘミアン・ラプソディ2』構想、続編で描かれるファイナルツアー映像を回想

1986年のクイーン、ファイナルツアーの様子

クイーンが映画『ボヘミアン・ラプソディ』の続編制作を思案中で、この続編には1986年のツアーの模様が収められるだろうと報じられている。

クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックがアカデミー賞最優秀男優賞を受賞して数週間が経ち、マレックにもう一度あの入れ歯を装着して続編に出演してほしいという依頼が届いているらしいと、複数のメディアが報じた。ニューヨーク・ポスト紙は、映画の続編について「クイーン・ファミリーの間で真剣に話し合われている」と語ったクイーンと長年の付き合いのあるビデオディレクターのルディ・ドーレザルの言葉を引用している。

話し合われている続編の内容は明らかになっていないが、1986年のマーキュリー在籍時最後のツアーが取り上げられる可能性が高いとローリングストーン誌は考えている(弊誌による妄想ストーリーはこちら)。このツアーは『ボヘミアン・ラプソディ』に登場しなかった唯一のツアーというだけでなく、このツアーをフィーチャーすることにより、前作で披露できなかった数多くのヒット曲を披露できる機会にも恵まれるのだ。

映画の中ではライブ・エイドでのクイーンの演奏場面をお気に入りとする人々が非常に多く、続編でもっと多くのライブシーンを登場させるのに、これはうってつけと言える。ここでは本物のクイーンが1986年のツアーのブダペスト公演で「ブレーク・フリー(自由への旅立ち)」を演奏している動画を紹介しよう。音符ごとに精密に再現した同じ光景を、2021年のどこかの時点でお近くの映画館の大きなスクリーンで見たとしても驚かないでほしい。

ところで、ブライアン・メイとロジャー・テイラーがアダム・ランバートをヴォーカリストに迎えて行う北米アリーナツアーまで4ヶ月となった。予想外の記録的大ヒットとなった『ボヘミアン・ラプソディ』以前も、彼らのコンサートに足を運ぶファンは数多くいた。しかし、この映画のヒットを受けて、今回の北米アリーナツアーではどの会場も大混雑が予想され、スタジアムでの追加公演がいくつか決まる可能性も浮上している。万が一、アダム・ランバート時代のクイーンを描く映画が作られることになったら、クイーンの人気は天井知らずになるだろう。

あわせて読みたい

「ボヘミアンラプソディ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  2. 2

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

  3. 3

    陸上スーパー女子高生なぜ消える

    PRESIDENT Online

  4. 4

    007起用の黒人女性めぐる勘違い

    諌山裕

  5. 5

    日韓問題に米「出来る事はする」

    ロイター

  6. 6

    韓国で不買運動 ユニクロも打撃

    文春オンライン

  7. 7

    山本太郎氏は国会で討論すべき

    早川忠孝

  8. 8

    TV局がツイート謝罪で失った信頼

    孝好

  9. 9

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  10. 10

    よしのり氏 007はやはり白人男性

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。