記事

相次ぐ名バイプレーヤーの逮捕 ピエール瀧の余波は主演以上か


テクノユニット・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧容疑者(51)が3月12日深夜、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反(使用)の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。それを受け、さっそく余波が広がっている。

今月15日と16日に予定されていた同ユニットの東京公演は中止が決定。住宅設備大手のLIXILは瀧容疑者が出演しているCMの放送中止を決定。また瀧容疑者が登場しているPS4ソフト「JUDGE EYES:死神の遺言」の発売元・セガは販出荷およびダウンロード販売、HPでの掲出などを自粛すると発表した。

「出演中のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』の撮り直しや今後公開される出演映画を上映するかどうかなど、混乱が広がっています。損害賠償も10億円や20億円では済まないのではないかと言われています」(広告代理店関係者)

瀧容疑者といえば、今や日本の映像作品に欠かせない売れっ子バイプレーヤーの1人。先月も新井浩文被告(40)が自宅に呼んだマッサージ店の従業員への強制性交罪で逮捕・起訴されている。

「売れっ子バイプレーヤーには、主役級以上に次から次へと仕事が入ります。そのためスケジュールもハードで、ストレスも抱えやすいといいます。ただ今回の逮捕からもわかるように、出演本数が多いために何かあったときの余波はある意味で主演以上に大きい。そのことを痛いほどわかっていたはずの瀧さんが、なぜ事件を起こしてしまったのでしょうか……」(映画関係者)

突然の逮捕から一夜、瀧容疑者は今何を思うのだろうか。

あわせて読みたい

「ピエール瀧」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  5. 5

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  8. 8

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  9. 9

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

  10. 10

    YouTuber逮捕は氷山の一角、児童の「自画撮り被害」という社会問題

    NEWSポストセブン

    04月11日 17:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。