記事

行き詰った政治を変えるためには、死に物狂いで、圧倒的に優勢な勢力に挑む大バカ者が時には必要になる

大阪維新の会を大バカ者、などと言ってしまったら怒られてしまうだろうが、私は大まじめにバカをやってしまう人には一目も二目も置いている。
私が同じようなバカをやるかどうかは、その立場になってみないと分からないが、已むに已まれない思いで常識的には考えられない突飛な行動に出る人を非難する気にはなれない。

国の統治機構の在り方を見直すべき時期に来ているとかねてから思っているのだが、既存の体制にがっしり組み込まれている人たちには統治機構の在り方を見直し、これを少しでもいい方向に変えていくことなど不可能だろう。

国の在りようを変えるためにまずは地方の在りようを変えていく、というのが手っ取り早い。
大阪維新の会は、元々は道州制を展望しており、その一環として大阪都構想を提唱している、というのが私の理解である。

大阪府と大阪市の二重行政の無駄をなくし、日本の統治機構の在りようの見直しに繋げるために、私は大阪維新の会の大阪都構想を支持している。

大阪の維新の勢力が大きくなって大阪都構想を実現できるようになれば、いずれは、大方の国民が受け容れやすいような新しい道州制構想が政治の表舞台に登場するようになるだろうし、併せて、現在の衆参二院制を一院制にしたり、小選挙区制選挙を中選挙区制選挙に改めたり、さらには現在の国会を通年制の国会に改めたりといった、現在の統治機構の在りようを根底から改めるような本格的統治機構の見直し作業も進むようになるのではないか、と期待している。

松井大阪府知事も吉村大阪市長も、今のままでは死んでも死にきれない、と異口同音に言っているようだ。
今死に物狂いで大阪都構想の実現に向かって動いている、という証左だろうと思っている。

自分たちの地位や既得権を奪われまいとしている現職の議員や関係者の方々は何としても反対に回るだろうが、大阪維新の方々は、何重にも敷かれてしまっている維新包囲網を突破しようと懸命にもがいているように見える。

多勢に無勢で圧し潰されてしまう瀬戸際に、来ているのだろう。
計算高い方々は、多勢に無勢で圧し潰されそうな人の応援に回るようなことはまずしないだろう。

しかし、だからこそ、私は大阪維新の側に立つ。
彼らの志を無にしたくはない。

あわせて読みたい

「おおさか維新の会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東大名誉教授「南海地震は神話」

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    パチンコはなぜ上場できないのか

    宇佐美典也

  3. 3

    飲食店ドタキャンで損するのは客

    BLOGOS編集部

  4. 4

    ソニーの失態はFeliCaの海外展開

    川北英隆

  5. 5

    増加する国債残高 突然の破綻も

    青山まさゆき

  6. 6

    ハズキルーペがフジからCM撤退へ

    文春オンライン

  7. 7

    破産者マップ閉鎖 倫理的に問題

    AbemaTIMES

  8. 8

    東京新聞記者から逃げる最弱政権

    常見陽平

  9. 9

    朝日記者が森友問題巡りご飯論法

    和田政宗

  10. 10

    大阪W選 橋下氏が自民候補を称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。