記事

安保国会を懺悔する ~三浦瑠麗さんとの対談①~

2/2

(細野)

野党が安保法制に反対するだけで終始した責任の一端は私にもある。率直にお詫びをしなければならない。

当時、民主党の政調会長をやっていて、集団的自衛権を巡る議論は前の年から出ていたんだけど、なかなか党内議論が進まなかった。私は、何とか安保法制の民主党案をまとめたいと思っていた。100点の案はできなくても、最低限、尖閣諸島、できれば朝鮮有事への対応まで法律に書くべきだと考えていた。何とか民主党案をまとめるところまでいったが、国会には提出しないということになってしまった。私は、民主党の役員会で、民主党案を国会に提出して、与野党の党首会談をやるべきだと主張したけれど、賛同者はいなかった。早い段階で、提出していれば与野党合意の可能性はあったと思います。

結果として、対立の構図だけが鮮明になり、最終的には強行採決という形になってしまった。あそこで、日本の安保の議論というのは前全時代的なものに戻ってしまった。

(三浦)

あれは大きな転換点だったと思いますね。まず日米安保をめぐっては911やイラク戦争の頃には日本にまだ危機感があったはずなんですよね。湾岸戦争のトラウマがあって、なんとか頑張らなければいけないという機運があったのに、安保法制で55年体制的なものへと逆流してしまった。もう一つは、野党に安保法制や憲法解釈をめぐる亀裂があったために分裂したということが歴史的な転機ですね。

思うんですけどね、細野さんの政治理念は私の思想とも近いと思うんですよ。社会政策はリベラル、経済政策は成長重視だけど分配もする。安全保障はリアリズム…

(細野)

広い意味でのリアリズムですけどね。本で三浦さんが言っているリアリズムと比較すると。

(三浦)

我々は大国ではないので、自ずと制約が多い。おそらく政策の選択の幅は限られた範囲に収束していくと思うんですね。ですからそこの違いはその都度議論したらいい。

ただ、この政治的立場が実はとても少数派なんだという調査があります。2016年のアメリカ大統領選のときに、人々の価値観調査をした教授がいるんですけど、社会政策リベラル、経済政策現実派の人びとは人口の4%しかいなかったんですよね。

(細野)

アメリカで!? それは面白いなぁ。

(三浦)

本当は経済・社会の二軸だけでなく、3次元なんですね。安保もあるから。でもアメリカは安保にそれほど大きな違いがない。民主党も共和党も両方とも安全保障を重視しますし、超大国の地位を維持しようとしてきましたから。

そういう意味でいうと、トランプが新たに取った層は4%の対角線上にあるもの。経済政策はポピュリズムで、社会政策は右派をとる層を動員したんですよ。二大政党の本流の思想ではない有権者が、社会政策的な憎しみを煽られつつ分配の期待を嗅がされて、トランプに投票したんです。もちろん、伝統的な共和党支持者もトランプに入れていますが。

実はサンダース陣営にも、社会政策の部分では、環境政策ではリベラルな人もいるけど、女性に差別的だった人も結構いたわけです。ですから、民主党は反差別で動員するより経済的ポピュリズムに訴えた方が動員の幅が広がる。いまアメリカで起きている現象はそういうことです。

そこで日本に立ち返って考えると、日本の政党を分ける軸はどこに引いたらいいんだろうかと。この(アメリカでは)4%の少数派は社会政策リベラルと組むか、経済政策リアリストと組むしかない。そうやって連合を組んで、二大政党なり四党なりになるべきなのに、「なんで安保で割れるんだ?」っていうのが、私が言いたかったことです。本来政争が水際までですむはずの安保で割れたらおしまいじゃないかと。

アメリカのイラク戦争だって共和党の中で反対した人はいたわけで、細野さんが民主党の中で安保法制に賛成するという立場は役職上はあり得なかったかもしれないけど、本来あるのが普通の国じゃないですかね。

(細野)

今でも覚えているシーンがあって、一回だけ市民運動している皆さんの前にいったんですよね。それまでは、正直違うかなと思って距離を置いていたんですけど、党から頼まれて行ったんです。行くからには嘘は言えないから、「近くは現実的に」ということを考えれば、ある程度法対応は必要だ、っていうことを言ったら、結構野次られたんですよ。

私以外の人は安保反対だってことを言って喝采だったんだけど、私はほとんど拍手を受けることなく帰ってきたのね。あそこで、その時初めて民主党を出るっていう選択肢を考えたんです。

(三浦)

ああ、そう。外側からはそういう内部対立は見えなかったんですよね。

(細野)

そうなんですよ。その後、2017年に中央公論で提案した憲法改正が民進党内で受け入れられず、党を出ると言う結論になったんだけど、流れは2015年にできていたのかも知れない。2015年の安法法制の議論は、日本の国会の大きな曲がり角だった。当事者として、そこに自分の思いがあったんだけど、やりきれなかったと言うことが、自分の中で残っているんです。


あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。