記事

違法ダウンロード対象拡大は次期国会に先送り「妥当な結論。誰も望んでいなかった」

 注目が集まっていた改正著作権法案に大きな動きがあった。

 衆議院議員でMANGA議員連盟会長も務める古屋圭司議員は13日午前、Twitterで「著作権改正法案は次期国会に先送り決定。今朝自民党幹部会で決定しました」と報告。「鋭意再検討してきた結果だ。自民党の良識を示せたと思う」とも述べている。

 改正著作権法案で特に批判を浴びていたのが、違法ダウンロードの対象拡大に関する項目について。これまで違法ダウンロードの対象は動画と音楽だったが、政府は海賊版サイトへの対策として無断で投稿された静止画も違法ダウンロードの対象とするほか、著作権を侵害するものと知ったうえでスクリーンショットを撮ることもダウンロードに含まれるとして違法とする新たな案を進めていた。

 漫画家や法律の専門家らが共同で緊急声明を発表するなど反発の動きもあり、東京工業大学准教授の西田亮介氏は「著作権者も含めて誰も望んでいなかったことで、政治の中だけで加熱していたところがあり妥当な結論だと思う」とコメント。「元々動画と音楽は違法だったが、静止画はインターネットのかなりの範囲で使われていて、対象が拡大すると創作や表現の自由が制限される可能性がある。それらを考えると『やりすぎ』だという結論に落ち着いたのだろう」との見方を示した。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

“違法DL拡大”はやっぱ無し? 安倍総理の「鶴の一声」

あわせて読みたい

「違法ダウンロード」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    宮迫の闇営業弁明に関係者「嘘」

    SmartFLASH

  3. 3

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  4. 4

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  5. 5

    噛む力失う? 歯列矯正に潜む危険

    幻冬舎plus

  6. 6

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  7. 7

    日韓世論で温度差 相手国の印象

    WEDGE Infinity

  8. 8

    HUAWEI 米制裁で予想以上の打撃

    ロイター

  9. 9

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  10. 10

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。