記事

府議会で松井知事の辞任が不同意になった時にどう対処すべきか

自民党と公明党、共産党のタッグマッチが成立するのか注目しているが、維新以外の政党が結束すると大阪府議会でも大阪市議会でも首長の辞任が不同意になるようである。

松井大阪府知事や吉村大阪市長の目論見通りにはさせない、ということであれば、大阪府議会でも大阪市議会でも知事や市長の辞任を不同意にして辞任の効力が発生しないようにすることだろう。

自民党や公明党はそこまで嫌がらせをするのか、そこまで意地悪するのか、と非難囂々になってしまうかも知れないが、首長の任期途中での辞任には議会の同意が必要だということであれば、内心は辞任の申し出を歓迎していても、あえて辞任に不同意、と表明することも許される。

勢い込んでいる大阪維新の足元を掬うには、とりあえずはそれぞれの議会の首長辞任不同意が有効であることは間違いない。

大阪府知事選挙に候補者を擁立することを既に決定している大阪の自民党が松井知事の辞任に反対するのかしら、と思わないでもないが、大阪府議会で松井知事の辞任が不同意になれば、大阪府の選挙管理委員会として府知事選挙の告示その他の選挙関係事務を進めることは出来ないだろうから、結局4月7日に大阪府知事選挙の投票を実施することは不可能になるはずだ。

大阪維新の皆さんの膝がガクッと折れてしまうような事態になるが、万一そういう事態になった時にどうやって体勢を立て直すか、ということを考えておかれた方がよさそうである。

私だったら、議会が不同意なら辞意をあっさり撤回し、大阪府議会、大阪市議会共に過半数の議席を獲得できるよう、大阪府議会議員選挙、大阪市議会議員選挙に全力を傾注するところだ。

臨機応変、融通無碍がこういう場合の対処方法としてはいい。

ご参考までに。

あわせて読みたい

「大阪都構想」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東大名誉教授「南海地震は神話」

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    パチンコはなぜ上場できないのか

    宇佐美典也

  3. 3

    飲食店ドタキャンで損するのは客

    BLOGOS編集部

  4. 4

    ソニーの失態はFeliCaの海外展開

    川北英隆

  5. 5

    増加する国債残高 突然の破綻も

    青山まさゆき

  6. 6

    ハズキルーペがフジからCM撤退へ

    文春オンライン

  7. 7

    破産者マップ閉鎖 倫理的に問題

    AbemaTIMES

  8. 8

    東京新聞記者から逃げる最弱政権

    常見陽平

  9. 9

    朝日記者が森友問題巡りご飯論法

    和田政宗

  10. 10

    大阪W選 橋下氏が自民候補を称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。