記事

スーパー後期高齢者のスタミナの秘密は究極の「小食」

1/2

前首相との壮絶なバトルを経て93歳でマレーシア首相の座に返り咲き、あと数カ月で95歳の今もかくしゃくとして激務をこなしているマハティール氏。

連続ドラマ『まんぷく』のモデルとなったチキンラーメンの発明者で、96歳で亡くなる当日までばりばり現役で日清食品トップとして仕事をされた安藤百福氏。

聖路加国際病院の名誉院長として105歳で亡くなる間際まで、診察や執筆、講演などをこなして精力的に活躍された日野原重明医師。

この超人的な後期高齢者たちに共通するある習慣はというと、

「小食」です。

www.straitstimes.com

心臓病や肺炎などの既往症もあると語るマハティール首相の、もともとの職業は医師。その生活はといえば「必要最低限の食事で生きている」。The Strait Times紙の別の記事でも、自ら経営するクアラ・ルンプールのレストランで行われたインタビュー中、非常に若々しい外見やしっかりした話の内容と好対照に、あまりにも食べないので驚いたとインタビュアーが書いています。

business.nikkei.com

安藤百福氏は長年、お昼にチキンラーメンを食べる習慣でした。しかも、そのサイズは「ミニ」。週2回はコースに出てゴルフをする、と相当な運動量をこなしていたにもかかわらずこの量の食事ですから、朝も夜も推して知るべし。チキンラーメンの元祖にとって一番のご馳走はチキンラーメンだったに違いありません。

dot.asahi.com

そして日野原医師。医師だけあって科学的に解説。

食事は1日1300キロカロリーと決め、夜だけご飯を食べます。肉を1日おきに80グラムくらいずつ食べる。野菜はお皿いっぱいたっぷりと。米国の実験で明らかにされているんですが、飽食のマウスよりもハングリーなマウスのほうが長生きする。ローカロリーこそ長寿の秘訣というのが、最近のアメリカの知見なんですが、僕はそれをかなり前から実践している。

あれだけの激務をこなしながら、たった1300キロカロリー。厚労省のガイドラインを基にしたある記事では、70代男性の普通レベルの活動量で必要とされるのが2200キロカロリー、低いレベルでも1850キロカロリーとされていますので、1日に1300キロカロリーだけしか食べないのがどれだけ小食かわかると思います。

あわせて読みたい

「高齢者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東大名誉教授「南海地震は神話」

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    パチンコはなぜ上場できないのか

    宇佐美典也

  3. 3

    飲食店ドタキャンで損するのは客

    BLOGOS編集部

  4. 4

    ソニーの失態はFeliCaの海外展開

    川北英隆

  5. 5

    増加する国債残高 突然の破綻も

    青山まさゆき

  6. 6

    ハズキルーペがフジからCM撤退へ

    文春オンライン

  7. 7

    破産者マップ閉鎖 倫理的に問題

    AbemaTIMES

  8. 8

    東京新聞記者から逃げる最弱政権

    常見陽平

  9. 9

    朝日記者が森友問題巡りご飯論法

    和田政宗

  10. 10

    大阪W選 橋下氏が自民候補を称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。