記事

中国に10年在住の日本人が感じた、日本の将来に対する不安と不満

通信網の発達により、世界各地のトピックはほぼリアルタイムで知ることができる現代社会ですが、その土地土地の「生の空気」を感じるのはまだまだ困難と言えるでしょう。

そんな中、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんの元に、中国在住10年という読者から貴重なメッセージが届きました。北野さんは今回、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』でその内容を紹介するとともに、メッセージ中の「日本の次期総理は誰が?」という問いへの回答を記しています。

中国にいて思うこと

上海在住のYさまからメールをいただきました。大変興味深いメールですので、シェアさせていただきます。

初めてメールさせていただく、上海駐在のYと申します。私がこちらに駐在になってから10年が経ちました。

私の職場と住んでいる場所は、上海郊外の日系企業が大変多く集まる街になりますが、やはり周りの風景も、生活環境も、人々の様子も、ずいぶん変わりました。特に最近は日系企業や日本人がだいぶ少なくなり、以前は日本人が多く利用していた飲食店の従業員は、みな声をそろえて日本人が少なくなったといっています。日本人相手のカラオケもほとんどなくなってしまいました。

さて、10年住んでの私の中国感ですが、私の周りにいる中国人たち(ほとんど仕事関係ですが)は、日本人を悪く言う人は一人もいないし、危険な目にあったことも一度もなく、一般のひとたちはいたって普通の、日本人とそう変わらない気がします。

もちろん、よく言われている、見栄っ張りだったり、自分の非を認めようとしないとか、声が大きいとか、そういったところはありますが、それは持って生まれた中国人気質であり、育った環境の差が大いにあると思います。

そして一般庶民は、政府が考えているような、中国は世界一の覇権国家になるなどとはあまり考えてもいないでしょうし、それよりも自分や家族の幸せだけを考えているように思います。それこそ、北野さんの言われる家族大切主義が最も強い国なのではないでしょうか。

一方の政府ですが、とにかく目に見えるものは見栄え良くし、交通ルールや環境衛生など、とても厳しく取り締まっていて、世界の先進国に追いつけ追い越せと躍起になっている感じがします。おかげで、以前と比べて、空気も少しずつきれいになってきましたし、水も道路もしかりです。

ただ、市内では、昔の中国っぽい建物やお店がどんどん取り壊され、通りから目に見えるマンションは壁をきれいに塗られ、古き時代の上海らしさがどんどんなくなっていき、寂しくも感じます。また、夜の遊びもかなり厳しく取り締まられていて、若者たちの性のはけ口である、いわゆる床屋も全く見なくなりました。どこの国でも、年月とともに近代化の波で大きく様変わりしていくのは、当然なのでしょうけれど。

でも、この国はそれが極端な気がします。一党独裁なのですべて政府の言いなりで、簡単にことが進められることもあるのでしょうが。でも、そんなに急激にものを作りかえたり、人々の生活を厳しく取り締まったりしていると、いつかその反動や反発が来るような気がします。今は目に見えて、経済の状態が悪くは感じませんが、きっと北野さんの言われる通り、近い将来この国の体制も大きく変わるかもしれませんね。

「ポスト安倍」は誰が相応しい?

そんな、10年もここにいる私ですが、一時帰国で日本に帰ると、日本はいいなと思います。北野さんの言われているとおり、空気も環境も綺麗だし、食べ物もおいしいし、なんでも自由に発言できますから。

でも、心配なことはいくつかあります。北野さんの新刊は今読んでいる最中ですが、そこに書かれている少子化問題等もその一つですが、安倍総理のことも心配です。

私も、北野さんのおっしゃるとおり、外交では目に見える成果をあげられているので、安倍総理の功績は素晴らしいと思います。しかし、長い年月続けているせいか、国内ではその弊害が出てきているように思います。

もりかけ問題や毎月勤労統計不正問題等は、その一部だと思います。なので、今の政権のうちに憲法改正に早く道筋を立て(改正できれば一番いいと思いますが)、次に譲った方がいいと思います。

そこで質問ですが、北野さんの思う次の総理大臣はどなたがいいと思われますか。外交問題は今の流れを引き継いでくれる人がもちろんいいと私も思ってはいますが。

世間では、露出度が多いせいか、石破氏が有力とされているようですが、外交については以前北野さんが、安倍さんとは考えが違うようなメールをされていたように思いました。そうすると、岸田さんか河野さんでしょうか。外交面を考えると、河野さんが安倍さんと近い気はしますが。

本当は、北野さんが政治家になって、政権に入られると、もっとこの日本は良くなると思うのですが。北野さんにその気はないのでしょうか。お忙しいのにすみません。とりとめもなくダラダラと長いメールになってしまいました。

北野から

Yさま、ありがとうございます。現地からの情報は、いつも貴重です。

総理について。私は、安倍信者ではありません。消費税増税、3K外国人労働者の大量受け入れなどに、大昔から反対しています。

しかし、安倍総理の外交は支持しています。それで、総理には、2025年まで続けていただきたいと考えています。その頃になると米中覇権戦争の帰結も見え新たな世界秩序をどうするかという話がでてくるでしょう。

日本は前回、敗戦国になってしまいました。今回は、「中国の同盟国になる」など、よほどバカなことをしなければ、「戦勝国」になれます。その時、日本は、本当の意味で「自虐史観」から脱却できるでしょう。そうはいっても、「安倍総理が後6年」、実際には難しいかもしれません

次の総理誰がいいのか私にはわかりません。次の総理に、私が推薦する第1の条件は、『中国に勝つ日本の大戦略』を理解し、賛同してくれる政治家さんであることです。そうでないと、日本は「反日統一共同戦線戦略」にやられ、「また敗戦」になってしまいます。

私が推薦する第2の条件は、『日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う』に沿って、日本の改革を推進してくれる政治家さんであることです。

日本で1950年~1990年まで肯定的役割を果たした「会社教」。いまでは、「終身雇用」「年功序列」という、教えの根本を放棄し、「いつでも首にします!」「給料上げません!」の「ブラック企業教」に転じてしまいました。そのせいでありとあらゆる弊害がでています。私は、「家族大切主義」に沿って、 

・真の働き方改革
・人も会社も東京圏から地方に引っ越したくてたまらなくなる政策
・全子供が、栄養たっぷりの食事を食べられる仕組み
・農村がリッチになる仕組み
・結婚したら、子供が3人欲しくてたまらなくなる制度

などを推進してくれる政治家さんなら、次の総理に推薦したいです。

「冬来るだ、ジョン・スノウ」

世界も日本も危機が迫っています。それは、米中覇権争奪戦の結果として起こるのです。しかし、その後は、「いい時代」が待っています。いえ、「いい時代を私たちがつくることになっています

image by: 首相官邸

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東大名誉教授「南海地震は神話」

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    パチンコはなぜ上場できないのか

    宇佐美典也

  3. 3

    飲食店ドタキャンで損するのは客

    BLOGOS編集部

  4. 4

    ソニーの失態はFeliCaの海外展開

    川北英隆

  5. 5

    増加する国債残高 突然の破綻も

    青山まさゆき

  6. 6

    ハズキルーペがフジからCM撤退へ

    文春オンライン

  7. 7

    破産者マップ閉鎖 倫理的に問題

    AbemaTIMES

  8. 8

    東京新聞記者から逃げる最弱政権

    常見陽平

  9. 9

    朝日記者が森友問題巡りご飯論法

    和田政宗

  10. 10

    大阪W選 橋下氏が自民候補を称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。