記事

Tモバイルとスプリント合併巡る米公聴会、トランプホテル宿泊で論戦


[ワシントン 12日 ロイター] - 米通信大手TモバイルUS<TMUS.O>と同業スプリント<S.N>との合併計画について12日行われた議会公聴会では、Tモバイルのジョン・レジャー最高経営責任者(CEO)ら幹部が合併計画発表後に、ワシントンにある「トランプ・インターナショナル・ホテル」に宿泊したことを巡り、議員らが論戦を繰り広げた。

レジャーCEOは下院司法委員会の反トラスト小委員会公聴会で、260億ドル規模の同合併計画の重要性を主張。業界大手のAT&T<T.N>やベライゾン・コミュニケーションズ<VZ.N>に対抗する上で、第5世代(5G)通信網をより迅速に構築できるほか、雇用創出にもつながる一方、価格は上昇しないと指摘した。

しかし、民主党のハンク・ジョンソン議員は、昨年の合併発表の翌日にレジャー氏ほか幹部らがトランプ・インターナショナル・ホテルに宿泊したことについて質問した。

レジャー氏は「長年トランプホテルを利用している」と述べ、宿泊したことを認めた。

これに対し、ジョンソン議員は「それがどう映るか分かるか」と問いただし、「Tモバイルがホワイトハウスに取り入ろうとしているように見える」と指摘した。

レジャー氏は、合併を審査している司法省や連邦通信委員会(FCC)とホワイトハウスのいかなる接触も認識していないと語った。

民主党のプラミラ・ジャヤパル議員もジョンソン氏の懸念に同調。レジャー氏に対し「合併に影響を与えようとしているように見受けられる」と語った。

一方、共和党議員らは異議を唱えた。

共和党のジム・センセンブレナー議員は、Tモバイルの幹部らがどこに宿泊したかは無関係だとの見解を示した。

同じく共和党のマット・ゲーツ、ケン・バック両議員も、ホテル問題を重要視しない姿勢を示した。バック氏は「私は3週間前にトランプホテルで夕食を取った。これが利害の抵触に当たるのか」と疑問を投げ掛けた。

<合併計画を巡る懸念>

公聴会では民主党の有力議員2人が合併について懸念を表明した。

反トラスト小委員会のデビッド・シシリーニ委員長は、Tモバイルとスプリントは業界大手と激しく競争してきたと指摘。「合併が価格引き下げや機会創出、競争促進につながるとはとても思えない」と語った。

下院司法委員会のジェロルド・ナドラー委員長は、主に低所得者が利用するプリペイドプランにおける両社の独占について懸念を示した。「合併案はこうしたサービスの市場の再編にもつながることから低所得層に過度にマイナスの影響を与える可能性がある」と指摘した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  2. 2

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  3. 3

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  4. 4

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  5. 5

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  6. 6

    【会見全文】「アベノミクスは失敗だった、間違いなく」立民・枝野幸男代表が検証報告を発表

    BLOGOS しらべる部

    09月21日 12:14

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    NY市場が大荒れ 中国恒大集団の影響とアメリカそのものにも問題あり

    ヒロ

    09月21日 11:38

  9. 9

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  10. 10

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。