記事

なぜ天皇陛下は"センチュリー"に乗るのか

1/2

新天皇の即位を披露する祝賀パレードに、トヨタ自動車の「センチュリー」が採用された。いったいこのクルマのどこが特別なのか。自動車研究家の山本シンヤ氏が2018年に発売された「3代目」の魅力を分析する――。


2018年06月22日、21年ぶりに全面改良したトヨタ自動車の最高級セダン「センチュリー」(写真=時事通信フォト)

ほとんどのメーカーが撤退した「特別な高級セダン」

トヨタ・センチュリー、日産プレジデント、三菱デボネア、マツダ・ロードペーサー、いすゞステーツマンデビル……、かつて日本の自動車メーカーには「特別な高級セダン」が用意されていた。

おそらく、クルマ好きでもこれらのモデルの特徴をサラッと語れる人は少ないはず。なぜなら、これらのモデルは後席に座る人を優先した「ショーファードリブンカー」として開発され、主に官公庁や企業の役員車として活用されることがほとんどだったからだ。そのため、オーナードライバーにとっては縁のない「裏メニュー」と言ってもいいだろう。

ほとんどのメーカーは採算が取れない事を理由にこの市場から撤退してしまったが、トヨタは1967年に初代を世に送り出して以来、50年以上にわたってセンチュリーを進化・継承してきた。ちなみにセンチュリーという名前はトヨタグループの創設者・豊田佐吉生誕100年に由来している。

初代は「世界の豪華車に匹敵するプレステージサルーン」を目標に開発。3.0LのV8エンジン、モノコックボディ、トレーリングアーム式エアサスペンション(フロント)、エンジン上部に配置したステアリングリンク機構など、当時としてはかなり凝ったメカニズムが採用された。

途中エンジン排気量拡大(3.0→3.4→5.0L)やAT変更(3速→4速)、内外装のアップデートが行われているが、基本は30年間不変。ちなみにクラウンは初代センチュリー販売期間中に3代目から10代目まで進化している。

見た目を「現代流」にアレンジした3代目

2代目は1997年に登場。エクステリアは初代のデザインテイストを踏襲しており、遠目には見分けがつかないくらいだったが、メカニズムは30年ぶりの世代交代なので全面刷新。中でもパワートレインは日本車初かつ唯一となる5LのV12エンジンを搭載していた。

また、トラブルでも走行不能になることがないようにメカニズムの主要部分は2系統備えるなど、絶大な信頼性も備えていた。2代目も途中でATの変更(5速→6速)や灯火類の変更(フロント:ディスチャージ、リア:LED)、インフォテインメント機能の進化などが行われたが、基本は20年間不変だった。ちなみにクラウンは2代目センチュリー販売期間中に、10代目から14代目まで進化している。

そして、豊田佐吉生誕150年となる2017年の東京モーターショーで3代目が公開、翌2018年に発売が開始された。開発コンセプトは初代から続く「匠の技」「高品質のモノ作り」と「最先端技術」の融合である。

エクステリアは初代から2代目ほどキープコンセプトではなく現代流にアレンジ。ちなみに初代/2代目の富士山をイメージしたサイドビューはパッケージ優先でCピラーは立ち気味に変更されているが、一目でセンチュリーと分かる風格のあるデザインだ。

ちなみにヘッドライトやグリルの比率など各部の寸法にも意味があり、センチュリーらしさを表現するための黄金比だそうだ。2006年に御料車として開発された「センチュリーロイヤル」との共通性も非常に高い。

ボディサイズは全長5335×全幅1930×全高1505mm、ホイールベース3090mmと2代目(全長5270×全幅1890×全高1475mm、ホイールベース3025mm)より若干サイズアップ。ちなみにホイールベース延長は後席スペースの拡大に用いられている。

和服でも乗り降りがしやすい高さ

また、量産車とは一線を画する品質管理も特徴の1つで、パネル単体や組み立て公差は一般的なモデルよりも厳しく管理。各工程での寸法公差や、ボディの微妙な傷や歪みは職人の手作業で修正、履歴もシッカリ残されるそうだ。

ボディカラーは4色用意される。塗装面の研磨は熟練工の手で3回の水研ぎが実施され、その仕上がりはまるで鏡のような映りこみを実現。ちなみにCピラーのエンブレム周りは“姿見”として身だしなみを整えるために念入りな磨きも行われる。

一方、インテリアには折上げ天井様式の採用や座り心地を追及したリフレッシュ機能、電動オットマン付きのアジャスタブルリアシート(ウール100%のファブリックと本革を設定)、大型ディスプレイ付きエンターテインメントシステム、20スピーカープレミアムオーディオを採用する。

前席よりも50mm近く低いサイドシルと段差のない後席サイドステップは、VIPが“優雅に”乗り降りできることが狙いで、和服でも乗り降りがしやすい高さや、後席に座るVIPの姿が1枚の絵として見えるように“額縁”の役目を果たすアルミ製の窓枠、そして上部に引き上げるタイプのダイキャスト製のドアハンドルなどなど、センチュリーならではの“おもてなし”も数多く用意される。

もちろん後席優先ながら運転席周りも抜かりはなしで、横基調でインパネは奇をてらわずシンプルなデザインだが、端正で品位のある質感はもちろん、操作系やスイッチ類の使いやすさもポイントの1つだ。

あわせて読みたい

「高級車」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。