記事

AR技術を使った、あたらしい政治ポスターの使い方!スマホのカメラを向けてみると…?

1/2

こんばんは、都議会議員(北区選出)・あたらしい党代表のおときた駿です。

過日に「選挙カー」に関する一連の記事がプチ燃えしまして、その中でお伝えしたように、いかに旧来のやり方に頼らずに「情報を広く伝えていくか」ということが新世代の政治家のテーマなわけであります。

そこで!

早速ですが一つ、政治活動用に貼っている党ポスター(通称「二連ポスター」)を使って、新しい仕掛けを導入しました。

流行りのAR(拡張現実)ですよ、AR!

すんごいざっくりいうと、お手持ちのスマホのカメラを「あたらしい党」のポスターに向けていただくと、そのやり方でしか見られない限定メッセージ(限定動画)が流れるというものです。

今回の技術を紹介・提供して下さった「HOBEEC Inc. / 株式会社ホビーク」さまが、素敵な説明マンガも自作して下さいました^^

まずは無料アプリをスマホにインストール。ここに一手間ありますが、逆に言えば手間がかかるのはここだけ。

現時点ではアンドロイド未対応ということだけが残念なものの、iPhone / iPadをお持ちの方はぜひ入れてみてください!

p2d(iPhoneアプリ)
https://itunes.apple.com/jp/app/p2d/id1446166427?mt=8

あとはアプリを起動して、町中に貼ってある「あたらしい党」のポスターにカメラを向けるだけ。

QRコードも何もついていない普通のポスターなのに、あら不思議。たちまち動画が立ち上がって見ることができる!というものです。

今回はシンプルに「限定動画に飛ぶ」という仕掛けにしましたが、

・もっと単純に公式サイトや政策チラシに飛ぶ(まあこれだとQRコードと一緒か)
・ポスターが変形する、字が浮かび上がるようにする

なども技術的には可能でしょう。これを使えば、「ポスター」という限られた情報量しか持たない媒体の可能性がかなり広がります

紐づけできる情報は機動的に差し替えられるようなので、限定メッセージは定期的に変えていく予定です。

ぜひ皆さま、町中で「あたらしい党」のポスターを探して、試してみて下さい!

…なに?

「自分の町にはあたらしい党の候補者がいない」
「あたらしい党の政治活動がしょぼすぎて、ポスターを見たことがない」
花粉症で家から出たくない

だと…?

あわせて読みたい

「AR」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  3. 3

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  4. 4

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  8. 8

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  9. 9

    「キャバクラ通い」退職の錦島親方を懲戒処分できるか? 知らないと損する就業規則

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 09:02

  10. 10

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。