記事

AR技術を使った、あたらしい政治ポスターの使い方!スマホのカメラを向けてみると…?

1/2

こんばんは、都議会議員(北区選出)・あたらしい党代表のおときた駿です。

過日に「選挙カー」に関する一連の記事がプチ燃えしまして、その中でお伝えしたように、いかに旧来のやり方に頼らずに「情報を広く伝えていくか」ということが新世代の政治家のテーマなわけであります。

そこで!

早速ですが一つ、政治活動用に貼っている党ポスター(通称「二連ポスター」)を使って、新しい仕掛けを導入しました。

流行りのAR(拡張現実)ですよ、AR!

すんごいざっくりいうと、お手持ちのスマホのカメラを「あたらしい党」のポスターに向けていただくと、そのやり方でしか見られない限定メッセージ(限定動画)が流れるというものです。

今回の技術を紹介・提供して下さった「HOBEEC Inc. / 株式会社ホビーク」さまが、素敵な説明マンガも自作して下さいました^^

まずは無料アプリをスマホにインストール。ここに一手間ありますが、逆に言えば手間がかかるのはここだけ。

現時点ではアンドロイド未対応ということだけが残念なものの、iPhone / iPadをお持ちの方はぜひ入れてみてください!

p2d(iPhoneアプリ)
https://itunes.apple.com/jp/app/p2d/id1446166427?mt=8

あとはアプリを起動して、町中に貼ってある「あたらしい党」のポスターにカメラを向けるだけ。

QRコードも何もついていない普通のポスターなのに、あら不思議。たちまち動画が立ち上がって見ることができる!というものです。

今回はシンプルに「限定動画に飛ぶ」という仕掛けにしましたが、

・もっと単純に公式サイトや政策チラシに飛ぶ(まあこれだとQRコードと一緒か)
・ポスターが変形する、字が浮かび上がるようにする

なども技術的には可能でしょう。これを使えば、「ポスター」という限られた情報量しか持たない媒体の可能性がかなり広がります

紐づけできる情報は機動的に差し替えられるようなので、限定メッセージは定期的に変えていく予定です。

ぜひ皆さま、町中で「あたらしい党」のポスターを探して、試してみて下さい!

…なに?

「自分の町にはあたらしい党の候補者がいない」
「あたらしい党の政治活動がしょぼすぎて、ポスターを見たことがない」
花粉症で家から出たくない

だと…?

あわせて読みたい

「AR」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  6. 6

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  7. 7

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  8. 8

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    家族解体 背景に一夫一妻の限界

    文春オンライン

  10. 10

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。