記事

英下院、政府のEU離脱協定を否決 合意なしブレグジットの是非を採決へ

1/2
REUTERS

イギリスの下院(定数650)は12日夜(日本時間13日未明)、イギリスの欧州連合(EU)離脱について英政府がEUとまとめた離脱条件の協定の承認採決を行い、391対242の大差でこれを否決した。1月に続く2度目の否決で、ブレグジット(イギリスのEU離脱)の行方はさらに不透明となった。

メイ首相は採決に先駆けて、この「改善された協定」を議員が支持しなかった場合、EUとの合意のないまま3月29日に離脱するいわゆる「合意なしブレグジット」の危険性が高まると警告していた。

大差で否決されたメイ首相は、13日に合意なしブレグジットを行うかを採決すると発表した。さらにこれが否決された場合には、14日にEU基本条約(リスボン条約)第50条に定められた2年間の離脱交渉期間を延長し、EU離脱を3月29日以降に遅らせるかどうかを採決する。

メイ首相は13日の採決について保守党議員を党議拘束しない方針を示し、「これはイギリスの将来についての非常に重要な問題だ」と強調した。

「(2016年の)国民投票のように、賛否双方の合法的な視点はどちらも強固で平等なもの。そのため、下院では党議拘束を行わないことを確認する」

また、イギリスが直面している選択肢は「良いものではない」が、離脱協定が否決された以上、「立ち向かわなくてはいけないものだ」と述べた。

下院はすでに1月に、230票の歴史的大差で離脱協定を否決していた。テリーザ・メイ首相はその後EUと再交渉し、11日には協定を「法的拘束力のある」ものに変更する合意を取り付けていた。  

<関連記事>

メイ首相は、現段階では合意なしブレグジットがイギリスの基本方針だと述べた。首相官邸の報道官によると、首相はあすの審議で合意なしブレグジットに賛成するかどうかを明らかにするという。

また1月に内閣不信任案が否決されたため、辞任については協議しなかったと述べた。

その上で、メイ首相はなお、この協定が最善で唯一のものだとの考えで、これ以上EUと交渉はしないつもりだと説明した。

採決では保守党からは75人の議員が造反したほか、メイ首相と閣外協力する北アイルランドの民主独立党(DUP)も反対した。一方、最大野党・労働党からは3人が賛成票を投じている。

1月に下院が歴史的大差で首相の協定を否決した際には、保守党から118人が造反した。今回の採決までに首相は与党議員43人を説得したことになるが、可決には至らなかった。

EU離脱協定の投票結果

あわせて読みたい

「ブレグジット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東大名誉教授「南海地震は神話」

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    パチンコはなぜ上場できないのか

    宇佐美典也

  3. 3

    飲食店ドタキャンで損するのは客

    BLOGOS編集部

  4. 4

    ソニーの失態はFeliCaの海外展開

    川北英隆

  5. 5

    増加する国債残高 突然の破綻も

    青山まさゆき

  6. 6

    ハズキルーペがフジからCM撤退へ

    文春オンライン

  7. 7

    破産者マップ閉鎖 倫理的に問題

    AbemaTIMES

  8. 8

    東京新聞記者から逃げる最弱政権

    常見陽平

  9. 9

    朝日記者が森友問題巡りご飯論法

    和田政宗

  10. 10

    大阪W選 橋下氏が自民候補を称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。