記事

ECB、前週の理事会で刺激水準を「維持」 政策は転換せず=プラート専務理事

[フランクフルト 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は12日、ECBの前週の政策決定について、金融刺激の水準を「維持」する取り組みに過ぎないとし、政策転換ではないとの考えを示した。

ECBは7日の理事会で、政策金利に関するフォワードガイダンスを修正し年内利上げを断念したほか、期間2年の貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)の第3弾(TLTROーIII)を9月から実施することを決定した。

プラート専務理事は、こうした動きは政策転換に該当するかとの質問に対し、「経済見通しの下方修正への対応だった」とし、「理事会での決定事項の目的は、ECBが掲げる目標の達成に必要な緩和的な政策スタンスを維持することだった」とツイッターに投稿した。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    蓮舫氏 交通・経済回す政策示す

    立憲民主党

  9. 9

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。