記事

マスメディア広告の信頼度は2年間で約25%低下している(ニールセン調査)

ニールセンが定期的に行っているグローバルの信頼度調査の最新版がアップされています。56カ国、28,000人のオンラインパネル調査です。面白かった箇所をピックアップしてご共有。

リンク先を見る

2年間でテレビCMは24%、雑誌広告は20%、新聞広告は25%の信頼度低下

・テレビ広告を信頼していると答えた人は全体の47%。雑誌広告は47%、新聞広告は46%。
・2009年〜2011年の間に、テレビCMは24%、雑誌広告は20%、新聞広告は25%の信頼度低下が見られている。
・一方、テレビCMの広告費自体は2010年から2011年の間に10%程度上昇している。
マスメディア広告に関しては、急速に信頼度の低下が進んでいるようです。一方広告費は微増している、というのはなかなか面白い結果。

オンライン広告の信頼性はマスメディアよりも低い

・検索連動型広告広告の信頼度は40%、オンラインビデオ広告は36%、バナー広告は33%、ソーシャルメディア上の広告は36%と、全体的にオンラインメディア広告は、マスメディア広告より信頼度が低い。
オンライン広告の信頼度は全体的に低い現状。肌感としても確かに分かります。僕もほとんどスルーしてしまっています。

「知人・友人の推奨クチコミ」は92%が信頼

・「知人・友人の推奨クチコミ」は92%が信頼している。「オンライン上で投稿された消費者の意見」も70%と信頼度が高い。
・「企業のウェブサイト」「新聞記事」も58%と高い割合で信頼されている。
知人からのレコメンドはダントツで信頼されています。ここら辺はソーシャルメディアの可能性を感じさせますね。
意外なことに企業のウェブサイトや、新聞の記事も高い信頼度を誇っています。新聞に掲載されることの意味は依然としてあると考えてよいでしょう。比較的新聞の購読が盛んな日本においては、新聞メディアの力はより強いのかも知れません。

本テーマに関する個人的な予想としては、今後は広告における「関連性(Relevancy)」が強く問われるようになると考えています。
今も昔も変わりませんが、「自分にとって関係がある」と思ってもらうことで初めて広告情報はリーチします。

「関連性」を高めるための手法は日々変化・発展しており、例えば

・単なる宣伝メッセージではない「魅力あるコンテンツ」を提供する(コンテンツマーケティング)
・CSR活動などに力を入れ、より社会との繫がりを実感させるブランドにしていく(コーズマーケティングなど)
・精度の高い広告ターゲッティングを用いる(モバイル広告、フェイスブック広告など)
・広告にゲーム性を取り入れる(Kiipなど)
上記のようなアプローチが、広告のパフォーマンスを高める効果を持つと考えられるでしょう。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  2. 2

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  3. 3

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  4. 4

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  5. 5

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  6. 6

    東京都で過去最多となる2848人の感染確認 20代951人、30代610人…重症者は4人増の82人

    ABEMA TIMES

    07月27日 17:07

  7. 7

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  8. 8

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

  9. 9

    安定的な皇位継承 旧宮家の男系男子の皇籍復帰が必須だ

    和田政宗

    07月27日 13:45

  10. 10

    金メダルでも冷静な柔道の大野将平にみる人間力 日本人の素晴らしさを再確認

    コクバ幸之助

    07月27日 08:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。