記事

女性患者の胸を舐めたのか……「手術後わいせつ事件」無罪報道が伝えない不可解な事実 判決には「医療従事者としてにわかには信じがたい内容の供述」とも - 諸岡 宏樹

1/2

 東京地検は3月5日、東京都足立区の病院で2016年、手術直後の女性患者の胸を舐めたなどとして準強制わいせつ罪に問われた男性医師(43)を無罪とした東京地裁判決を不服として、東京高裁に控訴した。

【図】A子さんの証言をもとにした事件時の状況

医師に無罪判決を言い渡した

 2月20日、東京地裁の大川隆男裁判長は、女性が麻酔による幻覚の影響を受けていた可能性があると指摘。女性の胸から医師の唾液成分を含むDNAが多量に検出されたことについて、会話の飛沫や触診にともなう汗などの可能性も排除できないとして、医師に無罪判決を言い渡した。

判決が下された東京地方裁判所

 しかし、この判決、「被害者に麻酔覚醒時のせん妄が発生した上、被告人のDNAが会話による唾液の飛沫(若しくは触診またはその双方)によって被害者の左胸に付着するという、被告人の立場から見ればいわば『二重の不運』が被告人を襲ったことになるが、これら2つの事象が同時に発生することもあり得ないこととはいえない」との認定であり、「被告人は医療従事者としてにわかには信じがたい内容の供述をしている」とも述べており、医師が「無罪だ」と手放しで喜べそうなものではなさそうなのである。いったいどういうことなのか。

被害者は芸能関係の仕事をしている容姿端麗な女性

 被害者の女性をA子さんと呼ぼう。A子さんは芸能関係の仕事をしている容姿端麗な女性である。

 A子さんが被害に遭った直後、警察を呼び、乳房からぬぐった体液のDNA定量検査の結果によると、「1.612ng / μl」だったという。判決では「唯一不変と扱うには無理がある」とされているが、この数値に少しこだわってみたい。

 公判で弁護側証人が医師に触診実験、飛沫測定実験などを行った結果、得られた数値は次の通りだったという。

・乳頭触診実験(3名の女性に対し)
(1) 0.065ng / μl
(2) 0.087ng / μl
(3) 0.005ng / μl

・飛沫測定実験
DNA量最大値…0.020ng / μl

 この実験結果からも、会話の際の唾液の飛沫や触診の際の指先DNA量などでは、遠く及ばないことが分かる。検察側証人として出廷したDNA鑑定の専門家は「被害者のDNAの100倍以上の被告人のDNAが含まれていたということになる」と証言した。

医療従事者の行動としては信じがたい話

 それなのに、なぜこのような判決が出たのか。司法担当記者が次のように説明する。

「医師の説明では、A子さんの両胸を触診し、乳頭分泌物をチェックするために左右の乳首を両手でつまんだこと、両胸が露出した状態のA子さんを挟んで、マスクを着けない状態で助手と打ち合わせしたこと、午前中も多数の患者を診療しながら、起床時の身支度以降、本件手術直前まで一度も手洗いしなかったなどと述べている。

 彼は日頃から、ヒゲを抜く癖、ニキビをつぶす癖、よくくしゃみをするので口を手で拭う癖があるが、それでも手を洗わないと証言しました。裁判所も指摘していることですが、医療従事者の行動としてはにわかには信じがたい話です」

 その反面、A子さんの事件時の説明は「一貫しており、迫真性に富み、信用できる」とされており、「被害者の証言の信用性はなお肯定されるとも思われる」としている。以下はA子さんの事件時の説明である。

「ベッドの左側から右の衣服をめくられ、さらに左の衣服もめくられ、胸に違和感を感じて目を開けると、被告人が左乳首を舐めたり吸ったりしていた。乳首や乳輪の辺りをすごい吸いつくようにかぷっと舐めたり吸ったりしていて、よだれとかもべちょべちょで、すごく気持ち悪かった。やめてほしかったので、起きる演技をして、握らされていたナースコールを何度も押した。担当看護師が入ってくると、逃げるように出て行った」

 A子さんは事件時に次のようなLINE(いずれも原文のまま)を上司に送っている。

「たすけあつ」「て」「いますぐきて」(いずれも15時12分)

 さらに15時21分には「先生にいたずらされた」「麻酔が切れた直後だったけどぜっいそう」「オカン信じてくれないた」「たすけて」といったメッセージも送っている。

「疑わしきは被告人の利益に」

 警察に110番通報したのは、この上司だ。A子さんは証拠を残さなければならないと思い、看護師が体を拭こうとするのを断り、乳首付近をそのままにしていた。

 ところが、A子さんの証言は「麻酔覚醒時のせん妄により、幻覚を見たかもしれない」ということにされてしまったのだ。ここがこの事件の争点のひとつで、弁護側も検察側もそれぞれ証人を呼んだが、専門家同士でも意見が食い違っている。

 弁護側の証人だった麻酔科医は「被害者に投与されたプロポフォール(全身麻酔や鎮痛剤に用いられる化合物)は通常の倍の量であった一方、ペンタゾシン(非麻薬性の中枢性鎮静剤)の量は非常に少なく、せん妄に陥りやすい状態であったといえる」と証言した。

 また、検察側の証人だった麻酔学の専門家は「被害者の年齢、麻酔薬の種類や量からいって、被害者がせん妄になっていた可能性は低い」と証言した。だが、裁判所は「検察側証人の証言が、弁護側証人の証言を上回ることは認められない」として、検察側証人の証言を退けた。

 その結果、「そうすると、いささか決定打には欠けるが、『疑わしきは被告人の利益に』の観点から、唾液の飛沫が乳頭付近に付着する可能性があるということになる」(判決文より)と判断されたのだ。

あわせて読みたい

「わいせつ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブン離れ進む? PayPay導入なく

    永江一石

  2. 2

    北の資金源でなくなったパチンコ

    宇佐美典也

  3. 3

    瀧逮捕 NHK撮り直しは受信料ムダ

    上伊由毘男

  4. 4

    ゴマキ不倫 夫の愛に感じる怖さ

    女性自身

  5. 5

    堀江氏「リクルートは情弱商売」

    MAG2 NEWS

  6. 6

    豪州の慰安婦像問題 黒幕は中国

    MAG2 NEWS

  7. 7

    内田裕也死去 代表曲なき帝王

    常見陽平

  8. 8

    暴言の明石市長再選は稀有な例

    宮崎タケシ

  9. 9

    大麻に出馬…裕也さんのRock人生

    渡邉裕二

  10. 10

    害だけ? 固定電話不要論が加速

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。