記事

新元号の選び方に法則性 平成の次の頭文字はKか

「平成」は小渕官房長官が発表した(時事通信フォト)

新元号が決まる流れ

 内閣府本庁舎の地下1階にある「関係者以外 立ち入り禁止」の張り紙が出された部屋。官邸と地下通路で結ばれたこの部屋が「皇室典範改正準備室」で、事実上、新元号選考作業の“秘密司令部”となっている。

【図解】新元号はこうやって決まる

 厳重な情報統制を敷かれる元号案はどんな最終候補が残っているのか。「元号の歴史社会学」が専門の社会学者・鈴木洋仁氏によると元号の選び方には法則があるという。日本の元号は247あり、中国の古典から選ばれているが、使われている漢字は全部で72種類と少ない。

「とくに昭和と平成の2つの元号には共通する特徴的な傾向があります。これまでの元号に使われたことがない『初登場』の漢字と『頻出』漢字の組み合わせになっていることです」(鈴木氏)

 昭和の「昭」は初登場で、それまで元号にも一般にも使われていなかった漢字。「和」は19回使われている。平成は「平」が12回使われているが、「成」は初登場だ。

 第二の法則は、これまで元号の頭文字に使われたのはアルファベット15文字、そのうち明治(M)、大正(T)、昭和(S)、平成(H)と近代以降の重複を避けるなら11文字になる。最も多いのは慶応などの「K」(61回)、次いで「E」(27回)「J」(21回)「G」(15回)「B」(15回)などと続く。鈴木氏はこう予測する。

「第一候補は『喜永』です。喜は過去3回使われていますが、元号の1文字目は初めてになる。永は過去最多の29回使われている。初登場+頻出漢字の組み合わせになる。もう一つの理由は、今回の代替わりは崩御を伴いませんから、喜永には“日本に戦争がなかった平成という時代の喜びが永く続くように”という意味が込められています。

 第二候補は『景永』で、景は過去に1度しか使われていない。これも“平和な時代の景色が永く続くように”の意味です。頭文字はどちらもKなので、明治以降と重複することはありません」

※週刊ポスト2019年3月22日号

あわせて読みたい

「元号」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  2. 2

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  3. 3

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  4. 4

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  5. 5

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  6. 6

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  7. 7

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  8. 8

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  9. 9

    コロナを克服した世界はいずれ教訓を忘れてしまうのか

    ヒロ

    02月28日 10:57

  10. 10

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。